スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウシテハイラレナイノダ!! 

いろんな場所に行って、音楽をしたいなぁと、情報を求めてネットを徘徊しておりましたら、浜名湖フォークジャンボリーとか新潟フォークジャンボリー、春日井の高蔵寺フォークジャンボリー等々、いろんなイベントがヒットしました。
更にそれをいろいろと探ってみると、なんとまあ猛烈なフォークソング熱がたぎっておるのですよ。
それらの実行委員会はお互いに交流があり、参加しあったりして日本中を動き回っています。
まあ、そこまでの熱は欲しませんが、なんかこう、いろんな同好の人の活動や文章を読んでおりますと、「コウシテハイラレナイノダ!」と、突発的に決然としてしまいます。
自分ではいろいろと面倒だし、仕事も忙しいので、中心となって企画する余裕はないのですが、なにか大きなイベントに関わってもみたいかな…とか。
正直、全国で大流行の「フォークソング」と、自分が好んでいる音楽ジャンルとは、かなり違う部分があるわけですが、若い頃と違ってそのあたりはだいぶ鷹揚になりました。
真の部分の頑固さは変わりませんが、同じ空気も吸いたくない、なんてほどではなくなりました(えー? 以前はそうだったの???)。
そりゃまあ、多くのアマチュアが自演のカラオケ状態であって、鑑賞に我慢を強いられるのも否定できませんが、そうした「努力」をしても共有したい濃密な空気があるのです。
というわけで、動ける範囲内であちこちで歩いて、いろんな接触を楽しみたいと思っている次第であります。


最近の仕事
Topvalueその1
Topvalueその2
NTTその1
NTTその2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふむ

なるほど、これがブームちゅうもんでしょうかね?

>若い頃と違って・・・
私より貴殿の方が大人ですな。

Re: ふむ

大異を捨てて小同につく、という。

FOLK酒場をはじめてからですね。はい。

カラオケ状態

音楽活動や著作権・CD販売などを生業にしているミュージシャン以外は、
自演のカラオケ状態だと思いますよ。
オリジナルであれカバーであれね。自己満足の世界ですよ。
でも、それが楽しくもあり、刺激的なでは、ないでしょうか。
鑑賞を我慢せず、慣れてくださいね。共有したい濃密な空気があるのなら。

Re: カラオケ状態

断固違う。
「自己満足の世界」なんつって開き直っていたら、上手くなるわけない。
そこに刺激や楽しさがあるわけないよ。
刺激を受けたとしたら、その演奏に力があったと言うこと。
楽しい演奏だったら、聞き手は我慢をする必要もない。
聞き手に我慢や慣れを要求しちゃだめだよ。
あくまでも楽しませる工夫や努力をしないと。
だもんで、大沢組だって女性ボーカルを入れてみたり、クラプトン張りのギターを入れて工夫するわけじゃないか。
要するに「受けたい」と思う、エンターテイナーのサービス精神がないと、人前で演奏しちゃだめなの。
ただ人前で歌いたい、だけじゃないでしょ?
やっぱ、受けたい、拍手をたくさんもらいたいと思うでしょ?
それが欠落していたら、技術以前の問題。

逆に、オリジナルだけにこだわるのは病気だけどね。

コピーはオリジナルの演奏そっくりに上手にできることを目標に、カバーは少しでも自分自身のアレンジを主張できるように演奏できることを目標に。
かように思って、アマチュアの演奏を鑑賞しています。

Re:Re: カラオケ状態

まだまだ、そう見えてしまう人達ばかりでしょ?
ブームは、始まったばかりだから。
長年、こだわりを持ってやってきた人達には、感覚が追いついていませんよ。
ただ、演奏してる人は、カラオケとは思っていません。いたって、真剣にミュージシャンです。自己満足の自称ミュージシャンです。
カラオケ状態とうつるのは、聞き手の意識です。

Re: Re:Re: カラオケ状態

かつて若い頃、同席したくないと思ったくらいの音楽ジャンルの好き嫌いはともかく(いや、それって特に若い人にはあっても普通でしょう? 聴きたくもない音楽とかって)、こうやって全国でおっさんたちがフォークソングに熱を上げている現象は大歓迎であります。
blog本文に書いたように、心から参加したいと思って「コウシテハ…」とお尻を熱くしている次第ですよ。
そこに技術レベルのことで、否定的なことを言う考えは一切ありません。
実際、毎月の「フォーク酒場」は病みつきです。
今週も法事が絡むけど、こちらが優先です。

しかし、それとこれとは別で、全国でたぎっているフォークジャンボリーのほとんどは、きっちりとオーディションを敷いて、演奏レベルとか気持ちの「温度」で参加者の線引がされています。
誰もがそのステージに立てる訳じゃない。
言われている「聞き手の意識」が演奏者を審査をして、線引きをするのです。
本文で書いた、自分が関わってみたい大きなイベントというのはそういうことです。
プレイヤーの真剣度なんて当たり前で、みんな同じような程度の情熱で参加します。
で、結局技術や工夫の差が聞き手に「我慢」を強いるか、もう一曲ききたいという気持ちにさせるかなのです。
だから、「カラオケ状態」と捉えられないよう矜持を持って研鑽しないと、その次の大きなステージには行けないのです。
言いたいのはそういうこと。

ちなみにブームは始まったばかりではなく、たとえば浜松のフォークジャンボリーは今年で6回目です。
第1回開催の気運が高まるまでは、更に何年かあったでしょう。
おっちゃんたちは先がないので、今が最盛期に近いかも知れません。
(いやいや、飯田と違ってけっこう若い参加者も散見されますね。)
周辺のアマチュアは、そこに出たくて腕を磨いています。
自己満足だけではオーディションは抜けられません。
また、それらを主催している人たちの中心は、「長年、こだわりを持ってやってきた人達」ですよ。

繰り返しますが、カラオケ状態を我慢することはあっても否定はしない。
ただそれで満足しないで、次のステージを目指すべき、ということです。
ま、今度ゆっくり話しましょう。
フォーク長屋会長の提案て何かな-。
楽しみだな-。

Re:Re: Re:Re: カラオケ状態

アマチュアの音楽に打ち込む意識にピラミッドのような階層があると思います。
その場所の居心地を見出しながら、趣味として楽しんでいると思います。
ピラミッド階層ができるという事は、上を目指す人もいる訳で、だから、その階層に合ったイベントをチョイスして参加すれば言いと思います。ビギナーの音楽性を上から見ないで、上に連れて行ってください。
私達は、それに刺激されながら、楽しみ、音楽技術を磨いていきます。
宜しくお願いします。

Re: Re:Re: Re:Re: カラオケ状態

う、難しい書き込みっ。
「はい」というと高ビーだし、嫌だというと不穏当だし。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。