FC2ブログ

アングラライブ「唄の市」2016@トライク

アングラ01

3/12は、江南市「トライク」りょうけんさん企画の「アングラライブ」にお呼ばれしてまいりました。
14時30分から5時間っ。
長丁場でしたが、いろんな人のいろんな演奏が聴けて楽しかったです。

タイムテーブル

「アングラ」の縛りが何がどう規定されるのかは、至ってゆるく曖昧で、それでいいのですが、個人的に思うところを書けば、メジャーになりたくて売れなかったのはアングラではなく、たまたま売れてしまうこともあるけど、最初からメジャーを無視しているというか、逆に対抗しているのが「アングラ」ではないでしょうか。
「インディーズ」も、今ではメジャーの二軍的扱いで、「いつかメジャーに」なんて評価されたりしますが、「インディーズ」というコトバが登場した当時は「アンチ・メジャー」だったはずです。

それはともかく、このジャンルは大好物です。
ギターを始めた18才当時、アコースティックギターは地味な楽器で、ラジオから単独演奏が聴かれることはほとんどありませんでした。ほとんどバンド。
生ギターもバンドの一部でした。
そのなかで、ギターの参考になったのが、この「アングラ」で括られてたジャンルの演奏でした。

40代くらいまでは、これだけにこだわって、どこでもこうした選曲してばかりしていましたが、ある日、自分の演奏したい曲とお客さんが聞きたい曲は違う場合がほとんどであると、いやがおうにも気づかされる事がありました。
以来精進を重ね、今ではどんな場にも合わせられるよう、歌謡フォークも昭和歌謡も、演歌もオリジナルもたしなむようになりました。
それも嬉々としてw。

この日の選曲は
「ごあいさつ」
「アフリカの月」
「風」
「つれづれなるままに」の予定でしたが、なんと、「アフリカの月」がかぶったので、急遽春らしいイサト師匠の「あふたぁぬうん」に変更。

アングラ02


アンコールのお愛想をいただいたので、佐久間順平さんの「樹氷」をやりました。
オオトリだったので、そのままエンディングは「生活の柄」でした。

アングラ03


ガソリン代も安くなったので、田舎ではあまり企画されないこうした催しに、事情さえ許されればせっせと顔を出したいと思っています。
そのためにはもっとアンテナの感度をよくしないとっ。

高速料金を、また休日最大1,000円にすると、景気よくなるのに。

メモ 
飯田…中津川 中央道、あと国道19号などで片道3時間。
江南…小牧東IC 下道35分くらい。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター