スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しい恥をかく

順平さんと

「タカダワタル・メモリアル 10年目」と云うライブに、夕べ中津川へ行って参りました。
詳しい内容は後ほど。写真の説明を。
井上としなりさんと佐久間順平さんの出番の後の休憩中、ぼくはトイレに行ったわけです。
すると次の出番の佐藤博GWANさんが、チューナーを差し出して
「ステージのレイクウッド(高田渡さんの遺品)、チューニングしてきてよ」
というのです。
「さっき順平さんがチューニングしてたから大丈夫ですよ」
と抵抗したのですが、どうしてもというので、衆人注目の中ステージへ出ました。
司会進行のニシオさんが「飯田からチューニングボーイにやってきた中山さんです」と紹介してくれます。
へいへいと頭を下げながら、調弦終了。
すると、袖から多分GWANさんが「そのまま一曲」っ。おいおい、想定外。
しかし引っ込めません。血圧急上昇。
このレイクウッドでは、渡さんの曲しか弾いてはいけませんが、舞い上がって思い浮かんだのは、難曲「その向こうの」。
これは高田渡とヒルトップ・ストリングス・バンドのアルバムに入っていますから、渡さん関係ではありますが、唄っていたのは順平さんです。
もっと簡単な曲にすればよかったのですが、思い浮かばなんだ(T_T)
ギターのストラップも短すぎたのですが、調整する余裕無し。
というわけで、よろめきつまずきつつの演奏で失礼しました。
しかし、なんといっても順平さんご本人がバイオリンでバックアップしてくれたのでありがたかったー、ていうかすごいことですねっ。
はじをかきましたが、楽しかったー。
ぜったいこれはGWANさんの罠ですっ。
この次は、こういうことを想定して、チューニングボーイの腕を磨きます(^_^)/

午後は蓼科の別荘で音楽合宿ーっ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。