FC2ブログ

ゆうべのOREAD

20150620_191723.jpg

辰野OREADへ、ほたる祭ライブを聞きにいって参りました。
OREADは自宅から65kmの彼方、高速道路を使わなければ1時間40分かかります。
なかなか腰を上げられませんが、ゆうべは足に羽の生えた水嶋「そばうち」ぜんべさんと、松下SETさん夫妻が同行なので、ホイホイといって参りました。
メインは、京都から古川豪さんです。
フェイスブックではコメント交換しているので、初対面という感じがしません。
京都の学生時代、もっとこうした音楽に造詣があったら、その頃からおつきあい願えたのでしょうが、もったいなかったなー。

オープニングは三浦久さんが1曲、そしてお二人で一曲。
「拾得」の七夕ライブ、亡くなったひがしのひとしさんの話題など。

20150620_194427.jpg

古川さんのソロコーナー。
ギターやバンジョーで、町内商店街の歌、京都の町の歌。
歌唱は豊田勇造さんと似ているのですが、世代のためか、京都出身だからなのか。
歌詞も、ストーリーやオチのあるものが多いのですねっ。
木崎豊さんもそんな感じ。
これまた当時の京都の人の特徴なのでしょうか、それともルーツのアメリカのフォークソングの影響?
三浦さんも、オチこそないけど、物語を唄います。
それはまったく自分の中にない音楽要素なので、今後の刺激になりました。

持参のバンジョーは、ピート・シーガーばりのロングネック。
ある1曲を唄いたい為だけに、声域に合わせて3フレット長くしたのが始まりとか。
佐々木小次郎、ワイアット・アープ、ピート・シーガーは長物好き、と笑ってました。

途中、今取り組んでいるという江州音頭を一節。
「大阪はアベノハルカス、東京では安倍のアホカス〜」やんややんや。

20150620_211918.jpg

三浦久さんのコーナー。
自分の音楽ルーツから、次回制作のCDの話しなど。
OREAD開店から30数年。最近はあちこちにオープンマイクのできる店が増えて、「この店の役目も終わったかな」などと。
いえいえ、OREADの店の空気は唯一無二で、他店とは全く競合しません。
この店だけで歌いたい唄もたくさんあります。
今年70才だそうですが、悠々自適のマイペースで、ずっとお店を続けていて欲しいものです。

20150620_214320.jpg

みんなでシング・アウト。
「では65才以上の人だけで合唱」…けっこういますね。
「次は70才以上の方だけで」…いますっ。あ、松本の丸山さんも(^_^)/

楽しく刺激的な約3時間でした。
そのあと、11時過ぎまで打ち上げ−。

20150620_230012.jpg

ぜんべさん、運転手ありがとう。

辰野はずっと雨でしたが、駒ヶ根から飯田まで、まったく降っていません。
道路も乾いてました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

反応が・・・

イマイチなのが、やる気に関係してくるとは思うけど・・・
わたしなんかは、こうやって落ち着いて読めるのが嬉しかったりするんですね。うん。

素敵な空間ですね、OREAD。

No title

更新するとフェイスブックに反映されるように設定したから、コメント反応は向こうで活発になりましたぜ。
そしてこちらにも「いいね!」が反映されます。
一昨日からです。

OREADは独特な雰囲気で緊張します。「格調」があるのです。
マスターの三浦久さんはフォークシンガーでもあり、ボブ・ディランやブルース・スプリングスティーンの訳詞者でもあります。
スプリングスティーンとの2ショットが飾ってあったりっ。(^_^)/

三浦先生

はじめまして

ブログに復帰、とてもうれしいです。
以前から読み逃げいたしておりましたが、三浦先生がなつかしくて、ついついコメントを…。

辰野の短大の英語の授業でお世話になりました。
毎回、ギターを抱えてのご登場で、最初に先生と一緒に Over and over とか、Yesterday とか歌ってからの講義で、テキストは『Good-bye Mr.Chips』 楽しかったです。
(教職課程の先生には、小学生か?!と笑われましたが、、、)
「京都時代 「あのねのね」 は僕の前座だったんだ。」と何回もうかがいました(笑)。

OREAD もう30年ですか、、、
懐かしい顔をありがとうございました。



No title

紫月 さん、コメントありがとうございます。
豊南女子短大、でしたよね。
三浦さんは(先生というと嫌がられるんです(^_^;))、昨年暮れにごく初期の大腸癌を手術されて、お医者さんにはまったく大丈夫と太鼓判をいただきながら、しばらくの間弱気でいらっしゃいました。
今年で70才でしたでしょうか。
片方の聴力も少し頼りなくなったそうですが、音楽に力をもらって、まだまだOREADを続けてくださいます。
CDも制作中です。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター