スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者に行くのは最後の最後

先日の中日新聞に、夕張市の記事があった。

市政破綻したこの街は、日本の将来の姿、縮図というような内容。

(7/19にはデトロイト市が破綻したなどというニュースも!)

その中で、医療崩壊して病院に行かなくなり、逆に平均寿命が伸びたという記述があった。

記事の中では、医者に行けないから生活習慣に気をつけるようになった結果、などと分析していたが、ぼくは違うと思う。

近藤誠医師のベストセラー「医者に殺されない47の心得」という本には、病院のストの間に、患者の死亡率が大きく減った実例が引用されていたが、中には半減した例もあった。

データが古く、外国の例だけど、そのことから言えるのは、病気で亡くなるより治療で殺される場合が多いということだ。


夕張の場合も、健康に気をつけるようになって寿命が伸びたのではなく、無駄な検査や治療投薬を受けなくなって改善されたのだと思う。


ところで、この文章は数日前に書き始めて放置していたのだが、今朝のNKHラジオにその近藤医師が出演し、著書についてインタビューを受けていた。

内容に共感しながら、どこかで「とんでも本」かなとも思っていたので、NHK出演はびっくりした。


症状の出ないガンは、検査で発見されても無視しろという内容だ。

ガンの痛みも苦しみも、ガンそのものより、手術や抗癌剤によるものがほとんどだという。

悪性として発見された段階ではほぼ転移しているので、苦しい治療は無駄とも言っている。


飯田市の隣の下條村では、数年前から村民の胃がん検診をやめてしまった。

死亡率が変わらないからだそうだ。


というわけで、ガンで医者に行くのは、最後の最後にしようと、ぼく個人は思う次第。



しかし、あのNHKがこういう紹介をするってことは、勘ぐってみると、これから日本人にガンが急増するからだろうか。

アレのせいで。

そのとき、医療保険とかが破綻しないように、なるべく皆さん、我慢してくださいねという伏線なのだろうか?


へんに勘ぐってしまうのは、国と報道が、そんな国民にしてしまったからだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして
何か凄い考えさせられる記事でした。
助けてもらった事もあるからなおさらw

スェーデンはね

医療費は無料なんだね。
それで日本並みに診療してたら、あっという間に財政が破たんしちゃう。だから、病院にはなるべく行かないようにしましょう!というのが、国の方針。
骨折くらい(くらい?)で病院に行くときは、まずサンドウィッチ(つまり弁当)を作れ、という諺があるそう。骨折だと丸一日待たされるらしい。
死にそうじゃなきゃ、病院に来るなってことよ。
がん検診なんかももちろんないから、具合が悪くなって病院に行くと、ほとんど手遅れで、「どうする?」「もう、いい。」「あ、そ。」で、緩和ケアのみで、金がかからない仕組み。
で、スェーデンの平均寿命はって言うと、今のところ日本と変らないね。
だから、界屋説もありかなぁ。

ただ、癌の症状って色々あって、末期じゃなくてもイレウス起こしたり、尿が出なくなったり、その他諸々で、だったら早めに処置しちゃった方が、いいんじゃない?っていうのもあるからねぇ。
近藤氏って、放射線の専門医で、癌の専門医じゃないから、その辺は差し引いて考えた方がいいと思うよ。

わたしも、この本を読んだとき、国家陰謀説を考えたね。
少なくとも、癌患者には全く救いのない本だと思う。
健康な人が、読むならいいけどね。

No title

Tk.karasuさん、コメントありがとうございます。
これはほぼガンに限った話ですね。
もっと言えば、糖尿と高血圧。
予防ワクチンの類。
要するに、利権の巣窟になっている医療には気をつけようと。
何が何でもって、医療を無視出来るはずもありません。

No title

真理姐、そうだよー。実際がんが見つかって、医療を無視出来るって、すごい胆力と覚悟だよ。
自分も受け容れられるかどう。

そもそも本の内容は、本物のガンに打つ手なし、なので治療で苦しむのは無駄っていうことだから、救われる方法を説いているわけじゃないしね。

それまでは懐疑的だったけど、NHKを筆頭にマスコミがスポットライトを当てるようになったら、政府公認みたいなもんだからね。陰謀説も大いにありえます。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。