FC2ブログ

再掲、放射性物質に対する日本酒の効能…よりとにかく飲みたい

東北は美酒の里。
心配しましたが、多くの蔵は大きな被害を免れている様子です。

東京の繁華街とかけて、総理ととく。その心は「かんさん」としてます。

…これは、デイヴ・スペクター氏のつぶやきの無断引用ですが、東北復興の大きなバックヤードにして首都東京で、不景気風を吹かせてどうする。
「とても飲む気にならない」
という方に、以前にも書いたかと思いますが、放射能と飲酒に関する一情報を。

もう亡くなってしまいましたが、月刊「酒」(一度だけ寄稿したことがあります。愛宕坂“ちんぷん館”の紹介赤面駄文。)の編集長をされていた佐々木久子さんは、3才からお酒を口にしていた酒豪です。
広島で、爆心から1.9キロのところで一家被爆します。
自暴自棄の酒豪の母と娘は、どうせ死ぬならと晩酌でおだを撒きました。
数年後、下戸の父は原爆症でなくなり、母子は、どちらかというと長命を拾いました。
周りを見ると、そういえば被爆した酒飲みはみんな長生きしている様子。
根拠はないけど、日本酒の何かが、放射能の害を除いてくれるような気がする、とエッセイにありました。

このことを気に留めていたのですが、何年か前、ロシアでアルコールが放射能の害を軽減するらしいと言う研究結果を発表したという記事を読みました。
おおっ、久子さんっ。
すると間もなく、今度は本邦の大学で、日本酒が腸内の放射性物質を排除するらしいという新聞記事にも出会いました。
いずれも、当時新聞を読んだ記憶だけでソースが引けませんから、風聞程度で覚えておいてください。

赤ワインのポリフェノールが放射能をブロックするらしい、と言う研究もあるようです。
日本酒には含硫アミノ酸が豊富に含まれています。
この含硫アミノ酸が放射線に被曝した組織に対して、ポリフェノールのような強い抗酸化能力を発揮する、という推論もあります。

というわけで、日常に放射線にさらされるようになるワレワレは、「飲む気にならない」ではなく、積極的に飲みに出なければなりませんね。
健康維持と景気回復、そして鬱屈した気持ちを軽くしてくれる、一石三鳥。
特に日本酒、それも今回被災された地方の、多くの蔵の美酒を。


…以上、震災直後の記事の再掲。
この間本棚いじってたら、その「酒」誌が出て来ました。
赤面文章でしたが、ちと誇らしくもありました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター