FC2ブログ

ライブ報告

すんません、写真報告だけですが、こんな感じでした。

11/13 Countrycafe

11/15 Space TAMA

Space TAMAは、これからゆっくりホームグラウンドになりそうな。
12/13(木)には、やなぎさんの前座に入れて頂きました。

さて、問題はこいつくんです。
P1050131.jpg

伊那の田中 創くん。
今まで何度も一緒のステージで聞いて、ああうまいなーとか思っていましたが、TAMAのちゃんとした音響で向き合ってみると、その実力はすでに完成の域にありました。
びっくらこいたっっ。
演奏した4曲全部がオリジナルとはっ。
とても勝負になりません。
ギターも水準以上だし、ボーカルは声質もいいし歌も上手い。
オリジナルの完成度はどうだっ。
詞もいいしメロディーもプロ、それも日本人離れしています。
どちらをとっても、ぼくは海外のミュージシャンの曲を、誰かが邦訳したものをコピーしているに違いないと勝手に思っていました。
そのくらいの完成度。
南信にもずいぶんと上手で、大人を唸らせる子が何人かいて、あちこち出かけて演奏していますが、まったく桁が違います。比べものにならない。…って、あくまでもぼくの好みですが。何しろ彼はブルースがベースですからね。
ああ、声質もメロディーも、なんだかKelly Joe Phelpsに似ているぞっ。



そういえば、「中山さん、Leon Redboneみたいですねー」なんて渋いこと云ってたから、Kelly Joeも知っていて意識しているかな。

詞の世界も好い。
ちまちました恋愛なんか唄わない。
スケールとか情景が大きい。
ゴッホのことを唄ったり、飛行機に乗って消えていった「小さなルーカス」のこととか(これが涙ものっ)、どこから題材を獲っているんだろう。小説とか映画かな。
とにかく、こんな唄を歌う人は、僕の知っている人では金森幸介さんくらいだ。

終演後、マスターが今録音したばかりの音を流していたけど、CDかと思うほどの完成度っ。
やつがCD自主製作したら真っ先に聞きたいと思うくらい。
あ、というか、CD作らせたいねー。TAMAのライブ録音でもいいや。
それでもってプロデビューさせたい。
いやー、すごいやつだ。贔屓になります。


P1050115.jpg

さてさて、まだ声かけの段階ですが、この方達。
先日「のんびライブ」にもお越しいただいたSALPA+もうお一人で「カルーアミルク」。
落ち着いた実力派ユニットです。
オリジナルからジャズ・スタンダード、往年のヒット曲まで自在にこなします。
最近ご縁がだんだん太くなっていたので、思い切って企画を提案しました。
浜名湖フォークジャンボリーへの参加です。

3年前に単独で応募し、出演させて頂いたことによって、アマチュアミュージックの「三遠南信」三角形ができたと吹聴していましたが、来年はもっと参加者を連れてきてとか、次回はユニットで来て頂くともっと時間が取れるなどと提案され、はたと立ち止まってしまいました。
そうした地元でのつながりが一切なくなっていたので、誘う人がいなかったのです。
さそっても乗ってこないし。
というわけで、この方達の実力に見て、ゆうべ声をかけてみました。
反応は上々で、うまくいけそうです。
これで来年は胸を張って出場できそうですっ。
…もちろん審査を通らないとダメですが。

たかよさんともお友達にして頂いたし、楽しいイベントでありました。
来た道より行く先の方がずっと短い「余生」。
ご託を並べてないで、どんどん積極的に、日頃の規を越えてあちこち出かけたりしたいと思います。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そーだそーだ!いったれ、いったれ!

No title

おう、真理姐、いっちまうぜーっっ。げべげへ。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター