FC2ブログ

どとーのしゅーまつでした。

P1040843.jpg

今年の紅葉はすばらしいっ。
というわけで、土曜は治部坂高原の野外。
30分×3ステージと言ってましたが、2ステージでした。
照ったり曇ったりの一日でしたが、ほぼあたたかい陽射しに恵まれていました。
治部坂はもみじまつり。
通りすがりの方達が、特設ステージの前で足を止め、あるいは席について聞いてくれるので、逆に少し焦りました。
中には終演後、わざわざ「良かった」と声をかけてくださる紳士達もいらして、こりゃー次回以降も更にまた手が抜けないなと、肝に銘じました。

しかししかし、週末のステージあちこちで予定していた曲数は30曲以上。
それらをまんべんなく練習して磨き込むのは無理っ。
力が分散してしまいます。
弾き込んでない曲はぼろぼろでみっともないことになりました。
猛省っ。
たくさん演奏すればいいというものじゃ無し。
選曲がダブっても、安定して演奏できる選曲に徹するべきであります。

P1040829.jpg

日がかげると少し肌寒いです。
ステージはこんな感じで、出演3組、2ステージずつ。

1st
・星屑の街
・ひょっこりひょうたん島
・東京ブギ
・インストメドレー
 フレイトトレイン/小沢昭一的心のテーマ/銀次ラグ/ア・ソルティー・ドッグ・ラグ/ビクトリーラグ
…渋すぎて人が散ってしまったっ。
・その日暮らしのマフ
・パフ
・あなたのこころに
・上を向いて歩こう
2nd
・泳げたいやきくん
・ユー・アー・マイ・サンシャイン
・小さな瞳
・お猿のかごや
…すべってこけたかごやっ。
・陽気に行こう
・夢で逢いましょう
・私の青空
・なんとなくなんとなく

3時40分に撤収して、今度は小牧山の音楽宴会へ。
眺めはすばらしかったけど、初めての酷道418号は、対向車よ、絶対来るなと祈るようなすごい道でありました。
二度と通らんな。
恵那から中央道。
ところが土岐のインターで渋滞の気配。
東小牧過ぎから止まってしまいました。
なので小牧山着が17時40分でありました。

入っていくと、もう知らない人ばかり。
演奏も始まっています。
どこへ座ったものやら、だれに声をかけたらいいのやら。
心細くなって、お金だけ置いて帰っちゃおうかなと思ったところへ陽周先生登場。
嗚呼良かった。
すぐになじむべく、持参のウイスキーをくぴくぴと。
演奏前のアルコールは着地点が難しいのです。
ドンビシャなら最高の演奏になるのですが、18番目の私はありゃりゃ、予想以上に高いところに上がってましたっ。
酔っぱらい演奏。
・雨宿り
・エマニエル夫人
遠方から来たねぎらいのアンコールで「ダイナ」をやろうとしたのですが、あちゃー、酔っぱらい頭は歌詞を思い出しませんっ。
しかたなく、ぱっと開いて出た曲
・どしゃ降りの雨の中

いい気分になって、持参のリンゴを切り、お泊まり組の皆さんと更に飲みました。
就寝は1時過ぎ?
寝床はあったのですが、車で寝ることにしました。


翌朝は優しい雨。
7時に小牧を出て帰宅です。
いやー、完全な飲酒運転でしたね。強烈な二日酔い。
起きたばかりはわからないんです。

帰宅後少し寝ました。
なんとか酔いが覚めたのは2時近く。
エアロバイクで汗をかき、シャワーを浴びて今度は松川町の「メケメケ食堂 秋の宴」。
みんなでセッティングをしてリハーサル。
持参の日本酒を飲み、好きな人は水嶋ぜんべ&ヤマダモリト兄タッグが打った、下栗産新そばをたぐったりしています。

トップ、露払いは私。
外はざんざん降りなので、文字通り露払い。
17時30分から30分。
・カンビール・ブルース
・そんなもんのRag
・晩成
・えみるま
・エノケンのダイナ
・夢で逢いましょう
・上を向いて歩こう

最後の曲は、なんとメケメケのママさんが鍵盤ハーモニカで参戦してくれました。
ほろ酔い加減もちょうど良く、満足できる演奏になりました。
前半はオリジナル、後半はカバーという構成。
犬山「ふう」のマスターにも褒めてもらえました。うれすい。

次が「もりぜんちゅう」
モリト兄、ぜんべ、中村進ちゃんのユニットです。

そして18時30分からプロの演奏です。
秋山節さんと、先日お会いしたヤスムロコウイチさん。
どちらも温かくてすばらしい演奏。
お二人ともジャズ系なので、最後は秋山さんがクラリネットでヤスムロさんとからみます。
いがったーー。

打ち上げ12時まで。
そして今夜も車中泊。
外は雨も止んで月夜でした。
意外に温かかったのはその雨のせい。
今朝の外気温は8度でした。


めんどくさくて、ちっとも写真撮らなかった。
ブログがつまらないですね。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でしたー。
いい気分で酔っ払えましたか?
初めての集まりに勇気出して遠方からようこそお越しくださいました。
みなさんに受けてましたね。「エマニュエル夫人」
もうみんな友達です。インパクト大です。
また次回もお時間が許せばお越しくださいな。
今度は車でなくお布団の上で寝てくださいな。
修学旅行みたいで楽しいよー。

No title

ちかさん、ありがとうっ。お世話になりました。
いろいろ気遣って頂き、ありがたかったです。
しっかり酔っぱらっていたので、ちと「大きな寝息」(いびきともいう)が心配で、気楽な車中泊した。
ライブは宴会だ、歌は酒の肴だ。
というわけで、特に宴会前提の演奏会では選曲に力が入ります(笑)。
ネタはたっぷりありますから、また次回もよろしくっ。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター