FC2ブログ

那須高原ギター合宿大人の修学旅行記

長年憧れながら、チャンスがなく見送っていた、「戦うオヤジの応援団」(NPOアコースティックギター・ローカル・ネットワーク)の恒例イベント、「那須高原ギター合宿」へ行って参りました。
毎年6月第一週の週末に開催され、今回は第7回目。関東を中心に27名が集まりました。
飯田からは、高速を使って400km彼方、6時間近いドライブです。

これが往路のルート。
root00.jpg

直線で行けばそれほどでもないのですが、南北に広い県にもかかわらず、新幹線も高速道路も長野市中心の北部に偏っているため、大迂回ルートになります。

安物且つ古いカーナビは、北関東道路を知りませんでしたが、まあ無事にたどり着きました。
30分位SAで昼寝しても、6時半出発、13時着でした。

P1030138.jpg

会場は那須オオシマフォーラム別館
写真は研修施設ですが、本日はライブ会場です。

P1030140.jpg

こっちは宿泊、食事棟。温泉も24時間入れます。

P1030161.jpg

まずは会場設営。
PAのセッティング、椅子、テーブルの配置、そして軽いスナックとアルコール準備。

全部で27名ですから、とりあえず1曲交代で自己紹介です。
自分は9番目。「南京豆の唄」を久し振りに演奏したのですが、すごく評判というか反応が良くてびっくり。
嬉しかったーー。

P1030153.jpg

これがステージからの眺めです。
マイクをセッティングしてもらってます。
昨年の柏以来の方、写真だけで拝見している方、まったく初めましての方、様々です。
人数が多いので、お名前とお顔が最後まで覚えきれなかった人もいますが、とにかく全員はもう「顔見知り」。
NPOの目的達成です。

P1030160.jpg

↑なかちゃんっ。

P1030155.jpg

↑意味のわからないでじゃ丸さんのショット。

P1030156.jpg

そして、気象庁発表を平気で覆し、二日間の晴天の犯人、真理姐。
神通力の遠のいた翌日午後2時過ぎ、伊那通過中にものすごい土砂降りに遭いましたが、昨日の分だと思いました。

第一巡は終了し、さあさあ、今度は宴会だ!
しかしその前に旅の汗を流すのだっ。

P1030171.jpg

27人の大所帯とはいえ、そこは大人ですからね。
鍵はなくすは、飯に食いはぐれるは、ギター合宿なのにカラオケに走りそうになるは、人の話は聞かない、途中でふける、さすがでありました。
ま、それが楽しいんだ、また。

食後は再びライブ会場で、順番に演奏なのですが、どうも引っ込み思案の田舎者。
自分はやりそびれました。
もっとも、飲み過ぎて何が何だか。

P1030164.jpg

山下隊長っ。
一週間、緊張型頭痛、その原因の首や肩の凝りに苦しんでおったのですが、自分で首をもんでいたら、いきなり山下さんに首をつかまれ、ごしごしと数分のマッサージっ。
首と後頭部がじーーんと熱くなって、凝りが消えましたっ。
もちろん一時的ですが、出番の演奏では頭痛に襲われませんでした。
助かりました!!

なんと、猛者達は午前3時まで飲んで唄っていたと。
自分は運転疲れもあって、車の中で眠りに落ちました。

翌日は5時起。
さすが那須、硫黄の香りが車の中にまで入ってきます。
気持ちのいい朝。
しかし朝食は8時!
空きっ腹を夕べのスナックの残りでだましつつ、ロビーでギター談義です。
これがまた楽しいんだな。

食後、最後に1時間半くらい希望者が演奏。
ぼくは最初にPAなしの状態で「上を向いて歩こう」を唄いました。

10時に次回の再会を約し、解散でありました。
嗚呼楽しかった。

さて、復路は佐久で降りてショートカットしようか。
このようなルート↓

root01.jpg

そしてやっぱり古いカーナビ、中部縦貫道路を知りませんでした。
152号を南下して茅野を目指します。
しかし、長和町、初めて通ったけどいいところですね。
8月イベントの車山脇を抜けて高速へ。
時間は往路と変わりませんが、高速料金は1300円くらい違います。

那須高原の緑、見事でありました。
またうかがいたいと思いますが、奥さんは「もう気が済んだでしょ」的に釘を刺して来ます。
自分もさすがに往復12時間はすごいかなと。
ちっ、次回は柏で勘弁してやろう。
結局、月曜終日使い物になりませんでした。ほほほ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、帰りのルート違ってる。
まず、那須でインターに入ったのは黒磯。
佐久から茅野へ抜けたのは、蓼科じゃなくて霧ヶ峰の脇だ。
和田峠ではないです。

No title

toko-tokoです。

先日はどうも・・・おつかれさまでした。

「南京豆の唄」とっても良かったです。

No title

おお、なぎら似のtoko-tokoさん、飄々としていていいキャラクターですねっ。
お世話になりました。
絡み合うには、ちょっと人数多すぎでしょうか。
いずれまたお会いしましょう。

凄いっしょ?

我ながら、改めて己の力に驚いた(笑)
でも、みんな子どもだったなぁ~!
笑顔がさ。
良かった、良かった。
お疲れ様でした。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター