FC2ブログ

宇山基道 Acoustic solo Live で感じてしまったっ。

IMG_0302.jpg


昨日はCANVASの「宇山基道  Acoustic solo Live」に行ってきました。

すんません、ひどい写真で。iPhoneです。精一杯。

実は昨年も聞きにいったのですが、どうしたんでしょう? 波長というか、何かまったくチューニングが合わず、自分にはちとなじめないシンガーかと、早々に撤退してしまったのです。
そういうわけで、夕べは少しちゅうちょもあったのですが、ここんところプロのシンガーを聴いていないので、よっこらしょと、奥さんに送ってもらいでかけました。

結果から言うと、ものすごく良かった。
相変わらずアルコールエンジンで、時間の半分以上はMCですが、そのMCも今回は胸に届いてきました。
何が良かったかって、選曲です。
オリジナル半分、カバーアレンジ半分。
何故なのか。
それは、押しつけてでも自分の歌を聴かせたいという、若いシンガーに多いスタンスではなく、相手が聴きたいだろう歌、相手に届くだろう選曲をする姿勢になっているからです。
実は、山形で彼は介護老人施設で働いているんですね。
するとやはり何かのイベントでは、高齢者の前で歌う機会が増えるんです。
ライブツアー中にも地元から電話で、「今度公民館で100人くらいの老人前で演奏を」という依頼が入ったそうです。
なので、どうしても選曲はお年寄り目線を意識したものになります。
そこで彼が偉いのは、後期高齢者や半分ぼけてしまったお年寄りだからといって、安易な童謡など…「チーチーパッパ」とか、「むすんでひらいて」とか…を持ち出さないところですね(ま、それも掘り下げれば悪くはないんですが)。
昔の流行歌を、独自のアレンジで歌うんです。
彼の故郷の伊豆大島にちなんだ「波浮の港」は、1923年野口雨情作詞、中山晋平作曲の名曲です。
思わずうるっとしてしまいました。
高田渡もいいのですが、こうした昔の歌を、年寄りに合わせてではなく、自身がいい歌だと惚れ込んで大事に歌っているところがいいんですね。

何年か前、上村の喫茶店で、地区中の老若男女の前で演奏したことがあったのですが、まあ僕らが日頃地下の店で、同じ趣味の人同士でやっていた選曲に少し媚びを貼り付けたような選曲は、軽く一蹴されました。
その屈辱から、いまはどこでも誰の前でも、そこで聴いてくれる人を楽しませたいという視点から、自分の音楽を練るようになったのです。
そのあたりで、宇山くんには激しく同調したのです。
…実際、話してみたら違うことをおっしゃるかもしれないけど、おっちゃんはそのように勘違いして喜んでいます。

つばき幼稚園の歌も良かったなー。
歌詞が見事で驚きました。

アンコールは「故郷」でありました。
ぼくもちゃんと唄いたい曲です。
なにより、もっと彼のように音楽を前面に出して、いろんな人とかかわったり地区のいろんなところで歌いたいと思うようになりましたね。
なんか、今はご近所には秘密の趣味、みたいな感じですからね(いや、外に音漏れてるし)。

というわけで、実に気分のいいライブでした。
帰りは座骨神経痛なのに、雷に追われて前傾姿勢で走るように帰宅。
所用30分は最近では記録ですっ。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【宇山基道 Acoustic solo Live で感じてしまったっ。】

昨日はCANVASの「宇山基道  Acoustic solo Live」に行ってきました。すんません、ひどい写真で。iPhoneです。精一杯。実は昨年も聞きにいったのですが、どうしたんでしょう? 波長というか、

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つばき保育園でしたっ。
ここで視聴できます。
http://www.m-uyama.com/index.html
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター