FC2ブログ

大きなお世話。

例によって名前の話し。
ますます子どもの名前が歪んでまして、新聞に折り込まれてくるタウン情報紙の、子どもや孫自慢の写真に載っている名前を見ながら、他人様の子どもながら「ばかじゃねーかな」と、半分同情混じりで眺めるのが趣味になってしまいました。
ひひひ。いやなじじいだ。

「心太」と書いて「しんた」。おいおい、そりゃ「ところてん」って読むんだよ。
とか、
「うるか」ちゃん、おいおい、そりゃ鮎の腸の塩からだわ。
とか、以前にも書きましたが、今朝死亡欄をチェックしていたら(これも大事な地域コミュニティー)、「チマキ」ちゃんがいましたね!
御年88才でした。
ううーん、…まあいいか。

元政治記者某氏が、最近の名前は判じ物のようだとおっしゃってましたが、あとで理由を聞いてなるほどと感心するのが「判じ物」であって、ただ先に名前の音があって、それに当て字をするようなものはその範疇じゃないですね。
「ここ」ちゃんて呼びたいから、「心」って充てる。
いや、それだったら平仮名だけでいいのに、わざわざそんな字を使うから一生苦労させられる、本人が。

そこへ行くと、昔の名前はちょっと読みにくくてもなるほど、と言う名前が多い。
というか、それが当然。

同じく今朝の死亡欄に、「芽」というお名前。
「はじめ」さんというんですね。
ニュアンス、つたわるでしょう?
「農」は「みのる」、「密」で「ひそか」、「容」で「いるる」。
雅味、教養、それに品がありますね。

子どもの命名は、親の教養、品格の反映ですな、

以上、大きなお世話でありました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター