スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月上洛のこと

先月2月22日に京都へ行って参りました次第、「ギター顛末」にて少しだけ触れておきました。
かどわかしたオールマホRagをホテルに隠しおき、そのあと街を徘徊して「磔磔」ライブ鑑賞について、もう2週間も経っちゃったけど、自分用忘備的にまとめておく。

さほど詳しいわけではありませんが、器はだいたい陶器好みだったのですが、最近酒器に関しては磁器もいいではないか、などと奥さんと話していた。
今回も単身遊興上洛なので、全面的に後ろ暗い。というわけで、奥さんの歓心を買おうと、ライブ前に京焼か清水焼の店を探す。
しかし、歩いた場所が悪いのか、骨董屋はあるが普段使いの陶磁器を置くような店がない。
そうこうするうちに、これじゃゆっくり飲む時間もなくなる。
というわけであきらめて、かねて飲みに行こうと決めていた居酒屋「百練」を目指す。
ここは、漬物屋の社長にして京都飲み歩きの達人・バッキー井上さんが始めた店だ。
著書を読んだあと知ったので、是非にと狙っていた。
しかし、一人居酒屋で間が持ちそうもない。
そこで今度は単行本でも仕入れようと本屋を探す。
これがまた見あたらない。
確実にあるところは知っているだが、ちと遠いし雨も降り出した。
ちっ、あきらめて裏寺町へ引き返し、初めて『百練」の階段を上る。
ン? どうも自分が最初の客みたいだ。
さっそく「まつもと」という京の酒を冷やで、そして当然京漬物の盛り合わせ。
以後、刺身とだし巻き、鴨と頼むのだが、ゆっくりは飲んでいられない。
いやでもいい雰囲気。全然気取ってないし、食べ物も美味しい。値も安い。
こういうまともな居酒屋からしばらく遠ざかっていた。
おいしかった。
「まつもと」、一口目は少し甘い京都のらしい酒だなーと思っていたのだが、肴と体調のためか、刻々と味が変わりよくなってくる、
お代わりすると更にまたよくなり、なんだかバナナの香りもする。
思うに、一杯目は一升瓶の終わりの一杯、お代わりは封の切り立てではなかったろうか。
いや、満足でした。

そして本日のメインイベント、「磔磔」のライブは中川イサトさんと金森幸介さんのジョイントだ。
なんと、他の誰も入れないでイサト&幸介というのは、もしかすると初めてかもしれないとのこと。
しかも、聴き手も含めてあと何年こんな邂逅が楽しめるかな、というMC。
まったくその通り。
だもんで信州くんだりから駆けつけた次第だ。

ステージは、まず軽く二人で。
P1010987.jpg

そしてお一人ずつ。

P1020002.jpg

入れ替わりの時トイレへ行くと、イサト師匠とばったり。
「幸介、短かったな。これからまだたっぷりやるし」
とのこと。

P1010974.jpg

そして、おっしゃるとおりたっぷりのステージ。

P1020056.jpg

P1020057.jpg


こんなこと言うと失礼かもしれないが、イサト師匠は枯れたっ。
…とご本人にも感想を言った。
でも、ぶれない。
最近ツイッターでも自分より年上の海外のミュージシャンを取り上げて、話題にされている。
彼らの背中を見ながら走られているのだ。
その真っ直ぐ走り続けている背中を見ながら、また自分らもよたよたと走っていられるのだ。

幸介さんはすごかった。
あちこちでいろんな幸介さんを聞いてきたが、当夜は最高ではなかったか。
すごいパワーだった。
「水の重さ」「シェルター・ピープル」などは、10年以上も前の唄なのだが、3.11以後の今の現状にぴったりではないかっ。
予言のような唄だ。
思わずうるっとしてしまう。

どちらもお互い認め合う、ホンマモンのミュージシャンだ。
しかし実態はこんな気楽なおっさんやねん。

P1020074.jpg

お相手いただきありがとうございました。


しかし夜はまだ浅い浅い。
いつもの行きつけ、友人のやっているお茶漬けバー「英楽」へ。
懐かしい歌謡ヒット曲をYoutubeで見ながら、西河くんと三人で盛り上がりました。
いや、楽しかったー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。