FC2ブログ

スケールモデル衰退考

プロペラコヒーキ大好きです。
「マニア」と自称するのは恥ずかしい程度ですが。
で、動画や静止画を見るだけにしておけばいいものを何をトチ狂ったのか、立体を手にとってそのディティールを眺めてみたいという軽い衝動から、ネットオークションでヒコーキのプラモデルを落札するようになってしまいました。
もうとっくに止みましたが。

以前は、モデラーのお部屋写真などを見て、そこに所狭しとうずたかく積まれた未開封の模型の山を見て
「あ~あ、こんなん生涯かけても作れねーだろが。部屋狭いし-」
と嘲笑しておったのですが、その嘲笑の対象に己がなってしまったのであります。
ああ、恥ずかしい。
一山いくら、なんてのを落とすのが好きだったので、多分、200以上はあるかな。
ほとんど1/72スケール。
なのにモデラーでもないので、遅々として「消化」の方は進みません。
なんで進まないのか?? 作る気力が出ないのか??


今日は正月気分もあったし、小僧がジグソーパズルを欲しいというので、久しぶりに近くの大型書店へ参りました。
そこでまた久しぶりに、ヒコーキ模型専門雑誌を手にとって眺めたのです。
第一次世界大戦のヒコーキ特集です。
いや、その模型のすばらしいことっ。
キットもすごいけど、作り方が超すごいのですよ。
まるで博物館モデル並み。

雑誌は「SCALE AVIATION」の最新号です。

キットはニュージーランドの「Wingnut Wing」というメーカー製で、社長というかオーナーがですね、「指輪物語」の映画監督でもあるピーター・ジャクソンなんですねっっ。
彼も無類の飛行機好きとか。

塗装、細部の加工、汚し(ウェザリング)、オリジナルフィギアなどなど、ため息の出るような写真ばかりです。
ところが、ここではたと、日本のスケール模型がどんどん衰退している理由に思い至りました。
「こんなの無理っ。真似もできない」
えー、スケールモデルってこんな風に作らなきゃいけないの??
そりゃー、究極のリアリティーを求めるのがスケールモデルなら、この領域までたどり着けるようにしないと。
って、そんなにマニアックで手先の器用な人って、何人いるだろうか?
小学生くらいから興味を持つのだけど、塗料とか、専門工具とか、特殊材料とか、揃えるのだけでもどだい無理。
となると、入り口で引き返してしまう人ばかりじゃなかろうか。
なるほど、だもんでおじさんなかなか作る気力もわかず、ちゅうちょしてしまうんだ。

昔はもっとおおらかで、ジオラマ嗜好の方が少数じゃなかっただろうか。
自分なんか、ペンチとボンナイフだけで作ってましたよ。
もちろんいい加減で無塗装、作りっぱなし。
それでも楽しかったなー。
どこか、小・中学生レベルで「この程度の仕上げまででいいよ、楽しいよ」っていうつきあい方の提示はないのだろうか。
そこから少しだけこうすると、ちょっとリアルだね、っていう雑誌とか、模型メーカーの発信。

多分その一つがガンプラで、こちらだってもちろん凝り出せばキリもないが、基本的に架空のお話の世界。素組みの作りっぱなしでも、そこそこ楽しめる。
だからスケールモデルより売れている。

専門誌は、本当にマニア相手だから妥協のない作り方、最終目標として参考になる作り方や作品を見せたいのは当然だし、それはそれで発展させて欲しいけど、一方でもう少し気軽に入門できる誌面作りもしないと、ただただ消滅していくだけだと、ちらりと思った次第です。

というわけで大雑把なヒコーキのシルエット、ディティールを楽しむのに、マニアックな組み立ては無用。
塗装だってだいたいでいいや。
作っては壊しで、とっと箱を減らそう作戦開始~、の2012年であります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター