スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒れてしまった二本の巨木

なんて朝だ。
訃報が二つ。
どちらも今の自分という存在に、大きな影響を及ぼしている人だ。
というか、この二人がいなかったら、どうなっていたか想像が出来ないくらいの、自分にとっての巨人。

一人はAppleのスティーブ・ジョブズ氏。
10数年前、知り合いにMacintoshのDTPの可能性についてレクチャーされ、清水の舞台から足を滑らせてLC575を手に入れた、その時が今のイラストレーター生活の入り口だ。
Macとインターネットのおかげで、今日なんとか一家5人を養っていられる。
Winじゃぜったいこうならなかった。
いわば、命の紐の末端を垂らしてくれた人と言っても過言ではない。
ツィッターで、だれかがだれかの言葉を引用していた。
「スティーブ氏の功績により世界は計り知れぬほど良くなった」
ということばも、まったく過分な世辞ではない。

もう一人は、イギリスのフォークソングとギターの巨人、バート・ヤンシュ氏だ。

京都の「聖家族」という学生バーのカウンターで、初めて聞いたのがジョン・レンボーンとのアルバム「バート&ジョン」だった。
すごい衝撃だった。
どのくらい衝撃的かというと、翌日ビンボー学生が有り金をはたいて、十字屋で同じアルバムを買っていた。
LPレコード多分3,000円くらい。
とにかく聞きまくった。
そしていろんなアレンジのある「アンジー」も、コピーしたのはバート・ヤンシュのバージョンだった。
今年は「ギターを弾こう」企画でも一曲取り上げた。
ペンタグルまで入れると20枚くらいのアルバムを持っている。
ラジオライブのアルバムでは、どんどん進化している演奏に舌を巻いた。
今の自分の音楽生活に、かなり食い込んでいるといっていい。

というわけで、大きな木が2本も倒れてしまって、余熱のかかっていた仕事エンジンが一気に冷えてしまった。
近々、「アンジー」を追悼演奏してYouTubeへアップします。

合掌
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。