スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

督夫さん

P1000736.jpg

24日の晩は、アートハウスのギャラリーライブ…先般30年ぷり再結成されたセンチメンタルシティロマンスの中野督夫さんのライブに行って参りました。
ミニライブだと思っていたら、2部構成でたっぷり2時間聞かせてくれました。
マシンガントークに切れ目なく続く歌。
サービス精神満点のエンターテイナーです。
ぼくも会場到着直後に営業攻撃を受け、気がついたらセンチの新しいCDを持っていましたっ。

やっとかめやっとかめ
(2011/08/10)
センチメンタル・シティ・ロマンス

商品詳細を見る


P1000731.jpg

もちろん、演奏の冒頭でも宣伝に余念ありませんが、話は面白いしギターは自在です。
なにより共感したのは、オリジナルばかりにこだわることなく、いいなと思った曲をどんどん歌い継いでいく姿勢です。
もちろん、ただのカバーじゃないです。
意外なコード展開、キラキラするイントロや間奏、プロのアレンジが加わっています。
アンコールでは日本民謡まで掘り下げていると、ドンパン節をギュインギュインのギターで歌ってくれました。
指定の手拍子は、正しい「もみ」付き。

P1000743.jpg
P1000759.jpg

二部は参加ギャラリーアーティストとの共演です。

中野さんは長いリーチで軽々と旋回して、いろんな人を巻き込み仲良くなるのが得意です。
ぜんべさんも愉快にぶんぶん回っています。
その二人の螺旋に、紅型の横井祐輔さんや、版画の山福朱実さんもいっしょになって巻き込まれるように回っている様子。
(ちなみに右端の女性は山福さんではありません。)
いいなー。磁力のある旋回。
ぼくも懸命に旋回することにします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も、先日のおとぎばなしでの督夫さんのライブに、
写真班で参加させていただきました。

流石のエンターティナーですね。
歌と演奏は流石プロですし、トークがメチャ楽しいかったです。

当日私は朝からライブだったんですが、
「お前は朝からライブなんてよくやるなあ。
もうお前は朝しか歌っちゃあいかん」といじられてました。

私も「やっとかめ」を握りしめてました。

No title

www!
らしいエピソードですね。
初対面の時も「アロハのおとーさん!!」と、ステージからいじられました。
あんたの方が5つも年上だよ!!
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。