FC2ブログ

音楽の秋、スタート-。

田市内のアートハウスというギャラリーカフェで、2週間にわたって4人のクラフト作家による、コラボレーション展示が行われています。

「風紡展」
●9月15日~9月27日※21日は定休日
●横井祐輔 紅型版画(沖縄)
●山福朱実 イラスト(神奈川)
●水嶋徳人 木工(飯田市上村)
●水嶋弘美 木工(飯田市上村)


「水嶋徳人」さんとは、われらが「みのりやぜんべ」の正体であります。
というわけで、当然音楽のコラボも企画され、週末にはギャラリーライブが開催されます。

17日は、横浜のSaltyヒロシさんとぜんべさんの演奏でした。
P1000475.jpg

完全生音ライブ。
外は雨でしたが、しっとりとした自然な響きが心地よかったです。
やはり、「PAが無いからしかたなく生で」ではなく、条件が許せば極力生音であるべきですね。
それは八ヶ岳のジミー矢島師匠も言っていたっけ。
ここのところ、あちこちでそうした音を聞く機会が連続し、ますますその意を強くしました。

翌18日は昼から緊張のイベント出演です。
伊那のベテランブルースバンド「パンジャ」の30周年コンサート。
基本バンドの野外コンサートなので、私など、どのようにふるまっていいものやら。
しかも、「言いにくいことを言いやすいヤツに頼む」というトップ出演、露払い。
太刀持ちはパンジャの山田守人兄でした。

天気予報の「曇り時々雨」を裏切ってのドピーカンっっ。
先週の野外に引き続き、地獄残暑炎熱の野外!!
P1000486.jpg

標高は高いので風は気持ちいいのですが、直射日光のすさまじさ。
誰もステージ前へ出て来ません。

持ち時間はセッティングも含めて10分と聞いていたので、春になくなった田中好子さんに捧げる「Sweet Sue」を7分くらいに編曲してやりました。
ところが直前になって、「10分なんて言ってねーよ、30分だよ」と言うではありませんか。
やれば出来るけど、バンドは確実に押すので、10分でいいでしょ。
それは正解でした。
あんな直射日光ステージに、30分もいられないよ。
ドラマーが、「スティックが曲がる」と言ってました。
ギターのチューニングもすぐに狂います。
というわけで、当初の予定通り1曲で引っ込み、あとは日影を転々と、最後まで飲み続けました。

P1000494.jpg

ほらほら、北杜市のSP山梨スリーピー中村さん、逝き掛けています。
マイクスタンド間反射光が、熱射のすさまじさを物語っていますね。

かくて次々といろんなグループが、炎熱ステージに現れ、しかしさすがっ、どなたも個性的且つ抜群の腕前で聴き手を盛り上げます。

P1000533.jpg

Saltytさん。「長野酔い」するそうです。

P1000539.jpg

ジャズバンドも出ます。

P1000527.jpg

日差し関係なし! のりのりのギャージンさんたち。いいぞー。

P1000491.jpg
P1000513.jpg
P1000543.jpg

弱った我々は、遠く日影から。

P1000551.jpg

レゲエバンド。私のアニキです。

P1000593.jpg

30年ぶり復活の、ボブズ・フィッシュ・マーケット!!

P1000600.jpg

日がかげってきたので、周辺からわらわらと出て参りました。
この時点で1時間30分押してます!
バンドの人たちって!!
というわけで、5時半終了を想定していたので照明無し。
車のライトで照らします。
翌朝、1台はバッテリー死にました。

P1000647.jpg

そして主役のパンジャ! 守人兄、かっこいいぞー!!
怖そうなバンドだけど、実はみんないい人。
ドラムのペイちゃんがいつも「おれ、中山さんの演奏好きっすよ」と言ってもらえるのが嬉しい!

P1000651.jpg

大いに盛り上がって、打ち上げも深夜までっ。
踊ったおどったーっ。
ん? この帽子のおっさんは、ジャズカフェ「かのうや」のマスターだっ。
というわけで、例によってウヰスキー一本開けて車中泊でありました。


翌朝は5時半起床。
二日酔い無し!
ただし、喉がむちゃくちゃいたい。
7時前に帰宅して食事しても、だるくて熱っぽいので、午前中完全寝倒しました。
昼に無理矢理起きてみると、おお、復活しているじゃん、喉は痛いけど。

19日は「風紡展」ギャラリーライブの2回目。
夕べ一緒だった、ボブズ・フィッシュ・マーケットの敦賀隆さんと日倉士歳朗のミニライブです。

P1000655.jpg

あ、キース高橋さん。
今度のSP南信州生音ライブに、激鳴りのダイナミックギターを持ってきてくれるとか。
お待ちしております。

P1000676.jpg

やっぱり、ライブは生音に限る!
実によい気分の演奏でした。


このあとギャラリーライブは
■9月23日(金)/19時~ 1,000円
 人形劇団「田辺」  サバカン

■9月24日(土)/18時~ 2,000円
 中野トクオ
 センチメンタル・シティ・ロマンス

■9月25日(日)/18時~ 2,000円
 大塚まさじ
と続きます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

リンクありがとうございました!

それにしても、界屋さんのリンクの数、半端じゃないですねぇ~

また、お誘いしますよ、必ず・・・!

Charley

No title

あ、ちゃーりーさん、ぜったい誘ってくれろ。

リンクの中には、片思いもありますから。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター