FC2ブログ

今聴いている。



今だから、忌野清志郎をはじめ反原発の唄が再び取り沙汰され、注目を浴びています。
この金森幸介さんの「水の重さ」も、いま胸により響いてきます。
犬山「ふう」での演奏です。

もう一曲、金森さんには「Shelter people」と言う歌がありますが、こちらの歌詞は、まったくこの今の日本を予言しているような内容です。
You Tubeにないので(自分も音源のアップはわからないので)お聞きいただけませんが、放射能が全世界に放たれてしまった後の情景です。

「嵐がやってくると予言者は言う
静かだが容赦のない完璧な嵐だと
夕べの王国は明日に廃墟と化し
神々の嘆きは降る雨となる…」

まさかこれらの唄が、リアルに胸に迫る未来がこんなそばにあったとは。

静かな夜に、寝床で身の回りを点検します。
家族は…みんな元気だ。
おれは…とりあえず健康だ。
仕事は…途絶えずつながっている。
今までは、これで全ての心配事のチェックを終え安眠の入り口を通りすぎることができました。
ところが今は、真っ暗な脳裏の手の届かないその奥で、消すことの出来ない放射能の青白い光がゆらめき続け、眠りをさいなみます。
おそらく、自分の生きている間はずっと、この不安が在り続けるのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター