FC2ブログ

大人のせいだ。

私の子供たちへ (笠木 透)

生きている鳥たちが 生きて飛びまわる空を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう

生きている魚たちが 生きて泳ぎまわる川を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 野原がみえるでしょう
近づいてごらんなさい りんどうの花があるでしょう

生きている君たちが 生きて走りまわる土を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう






子どもに、とんでもない負の遺産を残すことになってしまった。


惨事は始まったばかり、まだまだ入り口、といった感じだ。
しかしまあ、自分でナントカできることでもない。
浜岡原発停止署名を書きながらも、事態の推移を静観する他はない。
早い話が、じたばたしても仕方がないと言うことだ。
正しい知識で風評や軽薄な消費者心理に惑わされないよう、家族と我が身を守ることのみ。

先週までは震災前の余勢で入っていた仕事も、今週になって途絶えた。
基本的にサービス業なので、こうなるとまったく弱い。
生活のいろいろを仕分けしなくちゃ。
良いチャンスだ。
先行きの見えない不安というのは、全く気持ちをむしばむものだ。
一方で、長期閑期になるんだったらやりたいことは山ほどある。
などと、大黒柱としては不謹慎なほくそ笑みも…。

全てが一段落したら、今回露呈しただめな部分を切り捨てて、日本全体が急旋回で良い方に向かっていくと信じたい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね、とんでもないものを残す結果となってしまいましたね。
早く沈静化して、これ以上状態の悪化は避けて欲しいものです。

この事態が落ち着いたら、次世代に何を残せるのか、何を残す必要があるのかを、真剣に考える必要がありますね。
そうです、いらないものを捨てて、ま歩き出すことが必要でしょう。
ゆっくりとね。

ρ(ーoー)♪にもつぅ~ すこしぃへらしてぇ~ あるきぃ~はじめよぉ~♪
ρ(ーoー)♪みちばたにさくぅ なもしらぬはなを かぞえながらいこう♪
雲遊天下から。

今日は家の裏でふきのとうを見つけて取りました。
明日は時間があったら、除草剤をまいていない土手を探して、野カンゾウの新芽を摘むのです。
お浸しにすると美味いのです。
晩のおかずなのです。
酒のお供になるのです。

Re: No title

不幸は不幸として、この災難を転機に出来れば。

おお、春の山菜、いいですね。
私は野蒜が好きです。

祟り神への感謝

うざったいことを書かせてもらう。

適切かどうかは知らないが、祟り神になってしまった原発に我々はいままで感謝や敬意を払ったことがあるのだろうか。
少なくとも経済がここまでやってこれたのは原発があったればこそだ。
それが祟り神になったとたんにもういらないと言う。

津波という自然の行為もそれは非情というものである。
これも祟り神である。

原発反対おおいに結構だが、覚悟はあるか。

簡単に言えば、給料は半額になり、もしかすると中国人やアメリカ人のメイドか何かしないと生きていけないような世界になるかも知れない。
当然、大企業は生産拠点を海外へ移すほかなくなるだろう。

私は卑怯にも、どちらにころんでも何とかなる選択肢をもっている。
田舎者の強みだろう。

おそらく原発の将来は、国民投票のような形ではっきりしないと今後は進めようがないと思うが。
少なくとも、昭和30年代ぐらいにもどることを想像して話をしてもらいたい。

Re: 祟り神への感謝

NABE兄

難しい問題。
けど、エネルギーに関しては原発抜きに考えられないというのは、あまりにもあちらサイドのだけの論法のような気がする。
地熱利用、風力利用など、具体的なソースを引き出すことはここでは出来ないが、ツイッターではしっかりソースを引っぱってきて、原発不要論も展開されている。
実際、国によっては70%以上の電力を地熱でまかなっているところもある。
火山列島でそれができないのか。
また新エネルギーに関しては、日本は資源大国とも言われている。
100億かけて原発周囲に防波堤を築くより、そちらの開発の方がてっとり早かろう。
しかも浜岡に至っては、震央の真上にあってプルサーマル増設計画中だ。
これらの安全はどう担保するのか。
またぞろ「想定外」論法でお茶を濁すのか。

経営者、ご用学者のバイアスのかかった論理、データだけでなく、そうした全ての論議を踏まえて、仰るとおり国民投票は必要でしょう。
ただ、昭和30年代に戻ろうが、世界の下僕になろうが、子孫の残せないリスクのあるエネルギーに依存するのが如何に危険で取り返しのつかないことか、今回は骨身にしみて怖じ気づいた。
何かがあっても止められない巨大有毒エネルギー。
地中に隠すだけで、処理不能の致死廃棄物。
先に、それらを完全に除去できる技術が確立されなければ、また東電体質、政府態勢がこのままでは、一歩も先には進めさせられないでしょう。
栄華を保つことより、とりあえず清浄な日本国さえ残してやれば、あとは子孫が頑張る。

と、信じる次第であります。




プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター