スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭火のように私は…。

就職に失敗して、自殺する若者が増えているとか。
死にたいほどなりたかった仕事って、なんだろう。
いや、その仕事への執着じゃなくて、失敗への落胆でしょ、と女房殿は言う。
どっちゃでもいいのです。
何であっさり死ぬかな。
もったいない。
これから世界の医療介護社会福祉を担う、強力な戦力になろうかという日本人が、何十人もクライストチャーチで不明になってしまった悔しさの横に、この自殺報道。
ため息も出まっせ。

その自殺を押しとどめるのが、人とのつながり。
家族、親戚、友人、社会とのかかわりが希薄である人は、あっさり自死すると医師の記事にありました。
つまらない犬死自決を思うような事にならないように絆を太くすることは、現代人にとって救命ロープを編むように必須の心得でしょう。
そしてそれは何本もあっていいでしょう。

そのなかの自分的一本が音楽つながりです。
趣味で個室で完結していてはだめ。
近所の知り合いと、たまにあって音楽しているだけでもちょっと弱い。
というわけで、今やがっちりと拙の腰を支えてくれているのがNPOアコースティックギターローカルネットワーク(「戦うオヤジの応援団)の存在です。
ここの場合、Martinのギターファンクラブからスタートしていながら、NPOとしては音楽は単なる手段に過ぎないと位置づけています。
主眼は自分と周りのおっさんおばはんを元気にすること。
唄もギターも下手でよろしい。
いや、もっと言えば演奏を聴くだけ、あとは打ち上げで盛り上がるだけで十分。
音楽を介して、励みを見つけましょう、と了解し合っています。
もちろん、突出してマニアックな追究をしたり、プロ並みの演奏活動をしている人もいます。
演奏技術だけが目的なら、とっくに棲み分けが始まっていますがそうではありません。

昨年秋、NPOの本拠地である千葉の柏で参加した、活動の根本を確かめる会、そして先日の西新宿でのコンサート。
ここで、お気楽な自分とは違ってリアルにその「つながり」で支えられているであろう方達に会いました。
いや、お気楽とはいいながら、自分も行く末、必ず通過するであろう、あるいは到達するであろう境涯に身を置いている人たちです。
健康、家族、仕事、社会といった場で、辛い生き方をせざるを得なくなった人たちが、ここで「ああええなー。楽しいなー。おれだけじゃないよなー」と笑顔を見せていることに、強烈な活動意義を確認しました。

翻ってだ。
フットワークも軽く、あちこち走り回って音楽しているだけでいいのか?
自分はそれで元気になるが、人を元気にさせるにはどうすればいいんだ。
とにかく、具体的に始動しなくっちゃいかん、という想いで、ちょっとお尻がむずむずしています。
「旗振るだけで、ナニもしないヤツ」などと陰口言われてますが、そんなおっさんがコジンジギョウヌシで大黒柱やってられるかっ。
と、口惜しさもエネルギーに変えて、動きます。
動かねば。

サロン的、たまり場的スペースがないので、少ない頼りになる方々とも会う機会も少なく、いつも「あれしよう、これしたい」という話題だけで月日が過ぎています。
人をあてにしていたら始まらん。
とにかく動き始めたら手助け頂こう。

春は名のみの風の冷たい日、ちょっとホットに逆上的に思うのでしたっ。


炭火のようにわたくしは
赤くなるのに 手がかかる
赤くなったら なかなかやるが
あかくなるまでに 手がかかる

しどろもどろにわたくしは
しどろもどろの夢を見る
他人より 十年遅い
しどろもどろの火を灯す

いそがせないでよ
せかさないでよ
あわてさせないでよ
いらいらしないでよ

「晩成」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨日我が家でも

その話題になったのね。
わたしたちの年代はある意味過保護で育ったんだと思う。
そんなわたしたちが育てた子供はさらに過保護で、色んな軋轢に弱く脆い。
舗装された真っ直ぐな道しか知らないみたいだよ。
道からはずれたり、分かれ道になってたりしたら、もうパニックになってしまう。
心の弱い子供を育てた責任は親にある。
けれど子供が就活であっぷあっぷしている間、親も自分の人生に溺れかけているんだね。
でこぼこ道、曲がりくねった道、そんなんばっかり選んで歩いているヤツが本当は一番強いんだ。
遠回りでもいいのにね。

晩成、おおいに結構!
やりたいことを自分で見つけ、やりたいようにやる!
それで周囲の人間も楽しく出来るなら最高じゃん!

Re: 昨日我が家でも

そうだよねー。
練ったりひねったり、突いたり踏んづけたりしないと、人生もうどんもだめってことだねぇ。
マナーにしても犯罪にしても、前から「想像力」の弱さのなせる技だと思ってます。
薄弱なイメージ力で痛みの向こうが見えないと、そこで折れちゃう。

さて具体的に何を、ってところでさっそく思案の一回休み。
おいおい。

No title

ふむ、炭火ですか。
火がつくからまだ良い。私なんぞは・・・以下略。

No title

具体的なところとして
まずは私に伴奏させてください
いきなりストリートでもいいでしょ?
4月は寒いのかな?

Re: No title

なんとおっしゃる、うさぎさん。
人間、健康でさえあれば、いやいやどこかしら病んでいたとしても、何か触媒があって、何かちょっとした衝撃があれば、簡単に着火しますぜ。
燃焼の持続は、本人のプログラム管理次第の部分も多分にありますが。
だもんで、時々意識的な刺激は必要ですね。
自己演出して。

Re: No title

ど、どこのストリート??
4月はね、昼は温かく夜は辛いかと。
ストリートのタマじゃないですよ、わし。

No title

私は亀よ♪

Re: No title

ほいほい。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。