FC2ブログ

落ちそうになるココロを音楽で結び合う

引きこもっているとか、巣ごもりしているとか、冬眠とかじゃなくて、書くことがおまへんねん。

今週は、イベントも、日曜の犬山「ふう」での「有山な夜」くらい。
仕事も「忙しくなる」という前振りを頂戴したまま、いっこうに予告編も入ってこないし。
ヒマそうにしていると奥ちゃんに何か言いつけられそうだし。
いやはや、なんともゆるゆるの1年だったけど、年末になってもこうヒマだと、ちょっと心配になりますな。
株価が底を打ったとか、薄明かりは差し込んでいますが、政権がずくずくだから信用できません。

ほらほら、書くことも散漫だ。


さきほど調べましたら、ベトナム戦争の米軍の死者、行方不明者が、約12年で6万人。
日本では自死者が1年で3万人。
なんと、戦争犠牲者数、1/6の期間で越えてしまいます。
戦場より過酷な日本の社会なんですね。
しかし、同じ絶望を抱えながらも、多くの人を踏みとどまらせているのが人とのつながりだと聴きました。
ここなんですね。
家族もいない、ご近所とも疎遠、仕事場でも孤立している人が、どうしたら「人とのつながり」を結ぶことができるか。
そこに、ギターと音楽を介在させようというのが、NPOアコースティックギターローカルネットワーク(「戦うオヤジの応援団」)であります。
なので、ここは単なる演奏者の集団ではなく、高い技量や音楽ジャンルへのこだわりなど、重要な意味を持ちません。
共感と連帯感を追究するための、いくつかのチャンネルとして、テクニックやジャンルの指向もあり得ますが、絶対ではない。
唄うだけ、聴くだけでも音楽の共有ができれば、もうそれは同朋同士というわけです。
そこまで理解が及ばないと、泥臭い通称「戦うオヤジの応援団」とか、交流会で演奏される音楽にも受け容れられない部分が生じるわけです。
矮小な意識ではここにはいられない。

こういった点を、常に確認しながら音楽エンジンを回転させ、活動していきます。
どんな趣味、世代の人たちの前でも、それぞれチャンネルを切り替えて楽しませられるよう精進します。
この辺りが、この1年の間に変わってきた部分かな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター