スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃってプラモデラー

ずいぶん寒くなりましたが、まだ冬本番というより晩秋の雰囲気。
紅葉がまだまだです。
というわけで、晩秋の夜長にプラモデルを作る気力が復活しました。
もともと模型作りに興味なし。
ブロペラヒコーキが好きなので、その「シルエット」を手に入れたかっただけなのです。
ところが、一度オークションに手を出したのが運の尽き、ハッと我に返るまでの1年半ほどの間に、100円~500円程度の内外中古モデルを、200こ以上買ってしまいました。

プラモデルなんて、加齢と共にますます興味の対象外。
箱を開けてみただけでげんなりとしていたので、プラモデルが趣味の人の部屋などが、買い込んだ模型の箱に占領されている写真とか見ると、
「ひゃー、あんな部屋、絶対ごめんだ」
などと思っていたのに、近い状態です。

これじゃいかん、手放せるものは処分して、組み立てやすそうなものや好きな機体は奮起して作らないと、箱は減らないと思い立ち、航空モデル専門誌とか買い込んでちょっと勉強。
道具や塗料もオークションで買い込み、作り始めたのが3、4年前。
夏場とかまったく作る気がないので、年間組み立て数は3っ程度でしょうか。
こりゃ、一生かかってもだめかも。

ここへきて、何故か俄然組み立てる気力が戻ったので、この機会を逃してはならじと、複数同時進行でまた作り始めてます。

もう、モデラーとしたら小学生レベル。
本格派は、まず開封したら塗料が乗りやすいように中性洗剤で洗ったりしますが、当然無視。
色も適当。
緑系統だったら、手元にある適当な緑で塗っちゃいます。
塗り方も大雑把です。
ムラもはみ出しも気にしません。
スプレーなんて、道具もない。
全部筆。
最初は面相筆の重ね塗りしてましたが、もうやめました。
プラスチックの色が機体色に近かったら、塗るのも止めようかと思ってます。
だめかな。
いい加減なんちゃってモデラー。
でも、ちょっと面白くなってきてしまいました。
ネックは老眼です。
それもかなり明るくすればカバーできると、発見しました。
照明付き拡大鏡とか欲しいなー。

PB160002.jpg

製作第一号。
日本のヒコーキは、あまり興味ありません。
明灰色は、面相筆でまるで線画の斜線のように、何回も重ねました。
いやになりました。

PB160004.jpg

宮崎駿さんもそうだけど、こういったごつい機体がかわいいの。
ポーランドの「カラス」。「鮒」の意味です。シルエット、似ています。
隙間をパテで埋めるなんて、絶対しない。
フランス製モデル。

PB160005.jpg

張線もしないし、汚しやスジ彫りもなし。
デカールもいびつですが、全然いいのだ。
どれも1/72。肩を凝らして仕事を終えたあと、わざわざ更に疲れるための趣味です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わしは少年時代はHOゲージにのめり込んでおったこともあったのですが、いつしか実旅にて徘徊するほうに移行してしまい、模型とは全く縁がなくなっておりました。
ところが3年ほど前、本屋から定期的に届く「昭和の鉄道模型」なるジオラマセット50巻てのを見て、何故か「どうしてもやったろうじゃないか」と思ったのであります。そして、毎号届く都度、開封し地道に作成していけばよかったものを、「全巻揃ったら一気に仕上げたろやないか」と積んどいたのが運の尽き?・・・
50個の箱は、いまだに夕陽の差し込む小部屋に押し込まれたままで、模型屋の古い棚で煤けたプラモデルたちのように、箱の色も褪せ始めております。
もうよほどの奇跡に気力が加わらないことには「さあ、やったろか」ということはないのでしょうね。
どうやら同類はおみえになるようで、たまにヤクオクを覗くと出品されておる方がいらっしゃいます。どなたか「やったるわ」って方がございませんかねえv-39

ほんとだ・・・

謙遜かと思ってたら、ほんとに手抜きだ(笑)
中学時代の友達がプラモ好きでさ、やたら作ってたけど、ものすごく丁寧に仕上げていたよ。
でも、いいんだよね。
造ることに意義があるってね。

ただ、おき場所に困らない?
箱に仕舞ってある以上に作品になってからの方が・・・。
埃に塗れていく姿を想像してしまうわ。

うちなんか確実に猫の餌食になっちゃう。

Re: タイトルなし

わはははー、そうなんですよね。
使える時間の量は決まっているから、優先順位でどうしてもお蔵入りになっちゃう趣味があります。
知っている人が、ディアゴスチーニの大きな零戦のシリーズを買っている人がいますが、組み立てはともかく、どこへ飾っておくんだ、みたいな。
で、箱のみうずたかくなっているそうで。

デカ真理様

あんた、そんな趣味もありましたかっ。
うちの奥さんも好きそう。

できた模型は、シルエットを楽しむために飾っておきます。
1/72だから、12こくらい並べられるスペースがあります。
あきたら、クッション(プチプチとか)で簡単に挟んで段ボール箱。
精魂込めてないから、壊れても痛くないし。
たとえば5こを1つの小さな段ボールに入れる容積は。5個分の模型の箱よりは小さいはず。

三菱九七式司令部偵察機 (LS?)
P.Z.L23  (エレール)
は即答できますが・・・・・・・・
済みません、3番目のドイツの複葉機フィゼラーかアラドとめっ子こを付けて手元資料を当たりましたが、空軍資料が乏しいテッポウ屋の私には意外にこのドイツ機がわかりません、教えて下さい夜も眠れん!!??

Re: タイトルなし

> 三菱九七式司令部偵察機 (LS?)
←ハセガワ
> P.Z.L23  (エレール)
←ご名答

3番目はポピュラーな、スペインでもMe109登場まで主力だった、ハインケルのHe51(ハセガワ)だよーん。
まだ、フロート着装タイプ、スペイン戦線バージョンもこれから作ろうかと。
やっぱ、日本製はすばらしいわ。
でもフランスのエレールもなかなか。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。