スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のライブコンサート雑感

これから町内の「山行き」。
「山行き」って全国で通じる?
行楽飲食のことだけど、町内でまとまっていきます。
形ばかりの町内会長は、高齢化著しい町内たった7家族の引率で、近場の温泉へ行かなければなりません。
ブログは手短に。

最近気になるライブの景色。
あれです、ブロアマ問わず、若い子はマイクに唇くっつけますねっ。
これはカラオケの悪影響だ。
不潔でキモチワルイと同時に、ボーカルの空気感が消失します。
ギターもそう。
わたしは、たまたま落札したギターにビックアップが付いていただけで、屋内では極力マイクで拾って欲しい。
風が強いような外では話は別だけど、そのときも極力自然な音にしたいので、来週土曜のヤイリ工場で、コンデンサマイクを増設してもらいます。
これも空気感の問題ですね。
昨日の春日井でのライブも、一番いい音させていたのがSET卿のOLD FGでした。
どうしてあの豊かな音と、ラインの薄っぺらな音の違いにこだわらないかな。

それから、どこでもそうですが、タイムテーブル、持ち時間についての感覚。
持ち時間10分、目安として2曲だったら、最優先は10分であって、何が何でも2曲ではない。
持ち時間が10分で、歌がそれをオーバーしそうだったら選曲を変えるか1曲に減らして、余った時間はMCでもたせる。
タイムテーブル通りにしなければ、ステージ使用時間のお尻が決まっていたら、最後の人は演奏できなくなるのだから、それを守れない人は、甚だしく無責任です。
20分という持ち時間なのに、「4曲やっていいんですね」などと「目安」を優先し、長いオリジナルをしっかり演奏し、しかも「自分はMCが長い」としゃべり倒し、挙げ句他の人の演奏も聴かず早々に撤収したあんちゃんがいました。
おっちゃんが主催だったら、君の次回はない。

技術だ、オリジナルだと、そういうことの前のルールね。

「おやじって、どこからおやじなんだろう」
と青年がMCで言ってました。
良い質問。
気持ちのどこかに、胼胝(たこ)やしこりのような硬い頑固なこだわりができはじめたら、オヤジなんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山行き

通じませんって

当㈲サロコンではアコギは基本MIC取りです。
特別に仕掛けを考えている方にはLineでやりますけど。
楽器っていろんな音が出てるんですけどLineで拾える信号って、
いろんな音のうちの「美味しい」「特徴的な」部分が落っこちてるんですよね。

持ち時間の話
年齢(ジジイ含む)・ジャンル(クラシック含む)を問わないですね。
「オレガオレガ」な方が、確信犯的であれ、無意識であれ、やりがちです。

ただねぇ
そういうバカヤロウが、めちゃめちゃいい演奏とかすると
いても立ってもいられないほど悔しいです。

Re: 山行き

あっ、やっぱり通じまへんか。
そーだろーなー。

わたしはPAとかわかりませんが、どんな風に聴いても、ラインで起こした音って、省略された物ですよね。
厚み、奥行きは、振動だけではない、空気を媒介にした揺らぎによって初めて発生しますよね。
だから簡単にラインでライブって、もったいないっ。激しく惜しいと思います。


プロだと羽目を外し埒の外でずば抜けた演奏をする人、いますね。
そもそもアーティストにルールは通用しない。

素人同志、「アーティスト」と言い交わすのもキモチワルイですが、そのアーティストじゃないアマチュアの演奏から、ルールを無視しても良い演奏なんて決して生まれる心配はないので、オヤジは厳しく指導しましょうよ。

そういえば言いますねぇ、「山行き」。他では通用しないですよね、やっぱ。
もっとも、我がお組合ではそんな面倒なものはありませんがね。

わがFGはやっぱりOLDかぁ・・・。まっ、持っているヤツもOLDだから・・・って、ほっとけ!

マイクも邪魔と思う私、やっぱ生よ、生♪
PAなしをやりたいわぁ。

確かに。
多少のオーバーいたしかたないにしても、それを逸脱する人が後半多かったですね。

Re: タイトルなし

理想ですが、ま、でかい会場ではそれもむずかしい。
っていうか、音にこだわるなら最初から小さい箱、動員を望むならラインにこだわらないと割り切ることでありますね。

当㈲サロコンはお客さんが60くらい入っちゃうんで
PAなしだとアコギ聴くのに息を凝らしちゃって余計なストレスになるんですよ。
腹がごろごろいうの聞こえちゃったりとかね。
ただ、PA川田の基本姿勢は「一番弱い音を手伝う」なので、後ろで聞いてると客席でのおしゃべりは聴こえるレベルですね。

時間守る話 別途相談mailします。

tamaさま

ライブというのは、そういった意味でもPAの方とのセッションでもありますね。

相談っ。お応えできるかどうか???
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。