スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shelleyちゃん。

06.jpg
新しい中古ギター…変な日本語だけど、間違ってはいない…「Shelley SY-M20」。
オークション落札で我が家へましまし、ちょうど3週間であります。
その間、先週の今頃、浜名湖フォークジャンボリーのステージをつとめたり、すっかり愛器になりました。

・ギタリストのプロデュースであり、全製品を本人がチェックしていると言うこと。
・やはりK.Yairiのギターであると言うこと。
・原価は「高級機種」の価格帯であること(中古販売価格はその半値以下)。
…などなどから、かなり納得できるギターであろうと踏んでいましたが、残り人生の同伴に、及第のギターでありました。

05.jpg

いままで外国製ギターや、低価格のギターを、まるで兵力の逐次投入のように買い込み、でありながらいつも満たされないで次へ次へと触手を伸ばす繰り返しでしたが、やはりカチッとした一本に、そこそこ予算を割いて手に入れるべきでありましたね。
それも工芸が行き届き、材も自然に慣らされている国産ギター。

11.jpg

中津川のNishioさん邸で、Takamineの高級機(ピックアップに真空管が入ってるっ!!)を触らせてもらったのですが、その鳴りも手触りも、外国ギターの比ではありませんでした。

不満がないわけではない。
でかいのに奥行きのない音量。粒は揃っていてきれいだけど、それだけの音色。
総じてフィンガーピッキング全体には向いているけど、ブルースが似合わない。
そして尻がでかいので、私の短い手に余る。
ま、お嬢さんみたいなギターですね。
でもしかし、当分はこのギターだけでいいな、と思いますね。
以前は新しいギターが手に入っても、在庫のあれこれもいじってましたが、今回はこれだけっ。
がさつなBlueskingも、どちらかというと好みではないOldGuitarのOO17、もう一度弾いてみたいとは思いませんね。

07.jpg

ところで、この複雑なPUっ。
意味がわかりません。
浜名湖フォークジャンボリーには、ヤイリのブースが出ていたので、訊いてみました。
わかったのは、内蔵マイクをもう一本追加できるので、そのミキシング調整につまみが多いと言うこと。
でも微妙なところはわかりません。
というわけで、後日取説をファックスで送ってくれることになりまして、13日…ジャンボリー翌日の朝、早くも送ってくださいました。
さすが、ヤイリっ。
字が小さすぎて一部判読できませんでしたが。
いずれヤイリ本社をうかがい、マイクの増設がてら取説をもらってきましょう。

09.jpg

03.jpg

ロットNo.0264って、いつ頃の製産でしょう。
いやいや、大正解の買い物でありました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おほほ

いやいや良かギターでおますわぁ。
確かにちょと軽やかな音ですが、私の好みよ♪
先日弾かせてもらった限りでは、かなり弾きやすいですわん。
PAなしだったのでピックアップの性能は分かりませんが、ギターの真髄は生よ生。良い買い物をしましたねぇ。
相変わらずボディビビリまくりのFG-580と、軽いだけがとりえの安物FG-110を使用する私にはちょっと羨ましい。

そんなギターを横目で眺めながら私は今のまま・・・しかないかな。

いいですねえ。

このShellyはすでに外見からも素晴らしさが分りますね。
K.Yairiの小池さんの手による完全手工ギターです。
材も厳選されたものが使われてることでしょう。

明日の愛知尾張SPの交流会にはDarchingさんが参加されます。
彼がYairiのカスタムを持ってみえれば、
PUはまさしくこの「600T MKⅡ」に内蔵マイク付きですので
音など参考にされるといいかと思います。
意見交換も楽しみのひとつですね。

生憎私は参加できませんが、交流会楽しんできてくださいね。

Re: いいですねえ。

ありがとうございます。
なるほど、そんなギターでありましたか。
とにかく、ずっと触っていたい、いろんな曲を弾いてみたい、って思わせてくれます。
では本日犬山へ持参して、デャーチンさん(発音が難しい純正名古屋ネームっ)に、指導を仰ぎます。
Yasbeiさん欠席残念。

昔・・・

小柄で手の小さな友人は、わたしの大きな手と異常に長い腕を見て「羨ましいな。」と呟きました。

楽々とギターを抱えることが出来ても、指が苦もなく届いても、ついにスリーフィンガーが出来なかったワタクシは、世の中上手くいかんもんだなぁ、と思ったのでした。

Re: 昔・・・

なんと、ギターと接触がありましたかっ。
もったいない。始めなはれ、もう一度。
なんなら1本進呈しましょうか?
スリーフィンガーできないけど音楽してる人、いっぱいいてまっせ。
ギターと音楽は、沢山の出会いを仲介してくれます。

( ̄□ ̄;)

あれまっ、私にはレスがない・・・のか・・・。

Re: ( ̄□ ̄;)

あああっ、単なる見落とし、何の含むところもございませんっ、すんません、平身低頭v-12

FG110は、西尾さんも音色に感心してましたよ。
かの有山じゅんじさんは、ギター作っている人に「あまり音を出さないように。自分の腕で鳴らすから」と言ってオーダーしたとか。
弘法はやっぱり筆を選ばないのですよ。
結局弾いている本人がうれしいとか、気持ちいいと言うだけで、聞いている人にとってギターの善し悪しは、よほどがらくたでない限り問題ないのじゃないのでしょうか。
なんちゃって、何のかんの言ってもいいギターが手に入って嬉しいです。e-446
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。