スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おこのさた

引きこもりが続くと(なんて書くと、まじで心配してくださる方もいますが、“真性”じゃありませのでご安心を。ただのデブ症、もとい出不精です)、人と会うのがすごく億劫になりますねっ。
一昨日は、「のんび荘」で大塚まさじさんのライブ。
すごく楽しみにしておったのですが、いざ出かける段になると、なんか気持ちの隅っこで
「ああ面倒だな」
なんて部分があることに気づいて愕然としましたね。
生きながら死んでいる部分を見つけたような。
でもまあ、今週末は2泊3日の宴会フォークジャンボリー参加もあることだし、飛び上がる前のしゃがんだ状態、ということで。

大塚さん、良かったですね。
ずっと歌ってきた人なので、いわゆる「過渡期」がありました。
たとえば声域とか声量とか、どうしても若い頃とは違ってくるのですが、歳を重ねた肉体で若い頃のそれをなぞろうとして、聴き手としては少ししんどく感じられた時期がこの間まであったのです。
それが還暦を超えて、すっと自然な形に収まっていましたね。
終始穏やかな空気があって、一緒にいても全然しんどい感じがしない。
すっかり夏を押しのけた、風越山麓の夜風も心地よかったです。
打ち上げには、八ヶ岳のピミエンタ、中村さん、PAの伊那の守人さん、中津川の西尾さんも参加して、午前2時まで盛り上がりました。
久しぶりの宿酔い(うそ、本当は自室でDVD映画を見て飲み過ぎたけど、翌朝残り酔いをわざと無視した日がありますね)
0時過ぎのフォルクローレは最高でした。
CDで聞いた不思議な響きのサンポーニャは、1音ずつ交互に二人で音を出しているのですねっ。
それにしても、松下SET卿やみのりやぜんべさんの、人を巻き込む力に脱帽。
浅く細い我が人脈の、なんて頼りない事よ。
何か風を起こそうなんて、烏滸の沙汰であると、身の振り方を再検討。
ちなみにこの「おこのさた」なんて、絶対変換されないので、ちゃんとした字引はやはり必携ですね。


腰痛は座骨神経痛になって、立っているのが辛い。
けつが痛いのです。けつのえくぼ。
というわけで、近所の鍼灸院を検索して、木曜に行ってきました。
初めての本格的な鍼とお灸。
気持ちいいですね。
凝りとか一発で取れそう。
実際、残っていた腰痛は一発で霧散しました。すごいっ。
ただし、座骨神経の方はしぶといです。
まだまだ痛みます。
明日また予約してあります。
数ミリの置き鍼をしてあったのですが、腰のは今朝の寝返りでえぐられ、痛くてはがしました。
足首のはかゆいのでうっかり掻いたら、取れてしまいました。
細い針先はカッターにも似て良く切れました。
危ないので、残りの2カ所も外してしまいました。

もう何日も雨がありませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらも日照り

けど、ダイバーの話じゃ、水深20メートルは20度しかなかったそうで・・・海の底では既に秋なのに、海上だけ夏?
やっぱりなんかおかしいかもねぇ。

おこのさた、なんて使ったことない・・・勉強になるなぁ。
他の沙汰は使ってる気がするけど。

神経痛、お大事に。
ビタミン類を多く摂るといいみたいよ。

Re: こちらも日照り

年間平均すると、だいたい一定の温度になるんだって。
4月、5月が寒かったから、この暑さでお米が育ったようです。
でもそれにしても照り過ぎなので、きっと冬は寒いとか。
で、夕立、来るところは連日なんですね。
福岡の人なんか「また-」とかうんざりしてたけど。
信州だと上田方面。
昨日も警報出てました。

「烏滸がましい」の「烏滸」。
「烏」はからすで「滸」は水辺のことだって。「水滸伝」。
で、なんでその2文字が愚かしいという意味になるんでしょうか?
広辞苑もそこまでは書かれてません。

2度目の通院でかなり良くなりましたっ。
ビタミンビール。

はぁ~!

「おこのさた」ねぇ、意味は分かるけど使ったことないわ。相変わらず博学やねぇ。

大塚さん良かったよね。当日までちょっと大変やったけど、わしゃ満足じゃがね。
また何曲かカバーしよっと♪

鍼灸医通いが続いているようだけど、ケツは治ったきゃいな。置き針って、なれないと結構痛いんよね。
ビールは・・・まっ良いっかァ。

Re: はぁ~!

> 「おこのさた」ねぇ、意味は分かるけど使ったことないわ。相変わらず博学やねぇ。
>
「おこがましい」の仲間なんですね。いやいや、博学じゃなくて、読んでいる種類の本によく出てくる使い回しなので…司馬さんとかね。

> 大塚さん良かったよね。当日までちょっと大変やったけど、わしゃ満足じゃがね。
大塚さんもだけど、あの場を作り上げたSET卿の力に恐れ入りました。

>
> 鍼灸医通いが続いているようだけど、ケツは治ったきゃいな。
2回目の診療がかなり本気で、いやーー、効きましたよ。
でも基本的に時間のかかるものなので。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。