スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWANさん同行記

「じゃあ、順平くんとやってるみたいにしようか」
って、この人は何を言っているのだろうか、と思いましたね。
そりゃ、前夜の「ふぉの」のライブでは、前座をやらせてもらった勢いで、しかもブルースハープのセミプロぜんべさんも一緒だし、中津川のNISHIOさんもコーラスに入ってくれるから、2曲だけサポートしましたよ。
そのうちの1曲は、あまり聞き込んでいなくて旋律が怪しい。
何とか無事終わったのは、前記のお二方のおかげ。
アマ同士のなれ合いでも、滅多にサイドギターとかギターサポートなんてやったことないのに、いきなり
「順平くんとやってるみたいに」
なんて言われても、真っ白になるだけでありましたよ。

前夜「ふぉの」ライブでココロに大陥没をこしらえて、午前11時にGWANさんのホテルへ。
そこから夕べは来られないかもと言いながら、間に合ってくれた榊原さんの料理民宿「のんび荘」へ。
ちょっと風は冷たいけど、気持ちのいい野外で打ち合わせ。
P5081046.jpg
おお、最近合う人みんな「肥えた?」と言ってくれるのですが、確かにでかくなっているっ。
gはびっくりするほど増えてはいないから、肉質がダメになったんだなー。
なんとかしないとっ。

おしいしおそばを頂戴して、駒ヶ根へ。
光前寺でヒカリゴケや早太郎を見て、お酒を買ったり吊り橋を渡って時間つぶし。
P5081051.jpg

辰野町OREADには4時半に入りました。
その「順平くん~」という構成は、
・GWANさんソロで5、6曲
・私の駄ギターが加わって2、3曲
・私のソロ
・休憩
・GWANさんソロ
・再び駄ギター参加
であります。
練習のしようもなく…だって、店に着いてから構成が決まったんだから…覚悟を決めて本番に。
「変な音、一杯出していいよ。リードギターとかじゃなくて飾りギターでいいから」
などと言ってはくれますが、いやーーー汗顔の至りっ。

P5081054.jpg
選曲中のGWANさん。
OREADは床も木の落ち着いた好いお店です。
カウンターの中に、シンガーでありディランやスプリングスティーン最近ではレナード・コーエンなどを訳していらっしゃるマスターの三浦久さんがいます。
アルバム「おやすみお月さん」は、こうした木の床の店で、2、30人を相手に唄っている雰囲気を意識して佐久間順平さんと作ったとか。ぴったりじゃありませんか。
P5081056.jpg
P5081061.jpg
P5081063.jpg

やさしいやさしい大人のメルヘン世界、平均年齢の高い聞き入る人たちを魅了しておりました。

P5081065.jpg

バックはボブ・ディランの写真でしたが、本番ではGWANさんの唄世界にマッチした六地蔵の南画になりました。
リハーサル中、組合費を回収にいらした親子の要望で、1曲演奏した景色が印象的。
4、5歳の男の子とお父さん。
「♪雪の野原を歩いているよ 河童の親子
河で凍ったお月様 大事に抱えていくところ…」
いやー、いい景色でした。


ちょっとした打ち上げも終わり、連泊の飯田へ帰ったのが11時過ぎ。
それから前日も立ち寄った居酒屋で二人打ち上げでした。
酔うほどに、やや辛口のご指導もいただきまして、たいへん勉強になりました。
いや、刺激かな。やる気りんりんになりました。
もっと歌を作ろう。
もっと人と一緒にギターを弾こう。
独りで踊って旗を振るのもほどほどにしよう。
皮算用も、人を頼みにするのも止めよう。
備蓄過剰なお肉はなんとかしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうそう。

素敵な人と交わると、心地よい刺激が得られるものですよね。
そういう機会に恵まれるって幸せだよねぇ。

あらっ!
本当だ!
この間はそんなに感じなかったけど・・・
親子瓜二つ!
水分がたまってるのかもよ。
所謂、浮腫みですな。
子供はそれがかわゆいが、大人はねぇ。
顎のラインと耳の下をぐりぐりマッサージすると良いよ。
わきの下もね。


Re: そうそう。

一週間前の京都といい、この週末といい、刺激って大事っ。
おっちゃん、久々に燃えてます。
一方で、軽佻浮薄な踊りはほどほどにという思いもあって、なかなか程度が難しいのでありますが。

むくみのような? リンパ?
もみしだいてみます。

オーリアッドのダイアリーでも見ましたが、良いライブになったようですね。
あそこのステージの雰囲気、佐藤GWANさんにピッタリだったのじゃないでしょうか。
遠路お疲れ様でした。

どんな言葉を並べてみても、駄目ですね。
すみません。
ライブ15日の土曜だと勘違いしていました。
午前中は職場の厚生活動に参加して、午後は次男の子守をして、
夜は佐藤博さんのライブだと計画していました。
詰めが甘すぎるにも程がある。
こんな言い訳がましいコメント意味ないですよね。
ひたすらすみません。

Re: ♪

OREAD、音響も良くなってましたね。
SET卿、みなさんの印象に残っていたようですよ。
「飯田の背の高い高田渡みたいな人」
って、複数の人に訊かれました。

Re: タイトルなし

いやいや、あの晩はとにかくそういったみんなの事情が「マイナス」方向に結集されたんですね。
いつも行動を共にして、絶対に参加確実だと思っていた雑貨店主は通夜、こおろぎ会島岡代表は静岡の出張から帰還不可能だなんて、そうしようと思っても出来ない事態でありましたから。
またの機会によろしく。

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。