スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごく感じる

歯医者の予約は、3月3日3時30分だった。
あとから「3並び」に気づいたが、ただそれだけ、何の意味もありません。
そういえば、初めて自分で買った軽自動車のスズキ マイティーボーイのナンバーは「33-33」だった。

「悪いところ全部治して」欄にチェックして受診したが、思ったより痛んでいる部分は少なかった。
歯周病もありません。
3月4日は、偶然にも「酸触歯の日」だったけど、下あご前歯2本の先端が少し溶けかかっているので、簡単にかぶせてくれるそうだ。
そう、日常口にする酢や柑橘、乳酸の類が歯を溶かし、けっこう馬鹿にならないらしい。
最悪なのは拒食症の人で、いつも吐瀉してしまうので胃酸で歯がぼろぼろだそうだ。
エナメルを再度塗布する治療には、なんと500~1,000万円かかるそうだから、入れ歯にした方がいいくらい。
怖いなぁ。
酸っぱそうなものを口にするときは、常に水も口に含もう。

そのほか、親知らずの詰め物が欠けているので、再充填。
問題の欠けた前歯は、たいしたことないようだ。
「おっ、珍しい割れ方」
などと先生に言われると、意図したわけでも手柄でもないのに、なぜかうれしくなってしまう宴会体質。
それより、予想はしていたけど大工事になるのは、ブリッジの橋脚だった。
歯茎が下がってしまい、神経が出かかっている。
となると、神経を抜くしかないと。
一本の歯ならいいのだけど、ブリッジだから3本分の補修工事になります。
さっそくブリッジ解体。
来週の水曜まで、エナメル質を剥かれた奥歯ハダカ状態です。
知覚過敏なってもんじゃありません。
人肌以外、なんでもしみます。
そこではたと気がつきました。
神経が過敏になっているという状態は、痛みに敏感なのではなく、
ものすごく感じやすくなっているのだ、
という単純なことに。
冷たさも熱さも、ものすごく過大に感じるのです。
意識を集中して試してみると、それぞれ「痛い」のとはちょっと違うことに気づきます。
ほとんど痛みに近いのではありますが、ちょっと違うのです。
ま、ものすごく不快には違いないのですけどね。


最近、「ハリウッドクラシック」と言われるような、著作権も切れた古い映画にはまっています。
一山いくら、なんて単位で買っておいて、古すぎてみる気力もなく放っておいたのですが、何気なく見始めた1本が面白く、連夜の鑑賞です。
何がいいって、単純明快で疲れない。
今の作品は、情報量が多くて、2時間も見ているとぐったりしますが、古い映画はそんなことありません。
ショットも長めだし、1シーンの情報量も少なく、字幕を追っているだけですみます。
中身の濃さは、映画の佳し悪しではありませんね。
ストーリーに集中できます。
テーマも明快です。
最後に見た2本なんか、どちらもラストに手紙の朗読シーンがあって、そこに映画の言いたいことが集約されているのです。
なんて単純っ。
特に西部劇は病みつきですね。
現代の作品ほど、時間の長さが苦になるのには驚きましたね。
あ、若い頃のゲイリー・クーパーって、きれいで色気がありましたねっ。
「真昼の決闘」より20年くらい前の「平原児」。
ヘンリー・フォンダもかっこいい。
「牛泥棒」は70分ちょっとの異色西部劇で、ものすごく重くて悲劇なんだけど、「12人の怒れる男たち」に通じるような社会性と緊張感があって、鑑賞後はさわやかでありました。
こんなんが100本もあります。
おお、楽しみっ。



いい天気っ。
梅の花の匂いをかぎながら、愛宕坂へ行きたい。
でも、奥さんが組合の役員会だから遠慮していたら
「行ってきなはれ」
と言ってくれます。
仕方ないなあ、そういうことならふらふらと追い出されてやるか、けけけ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

は・は・はぁ

わたしゃいつもすかんぴんなので数年前からぐらぐらになった歯は自分で引きちぎってしまうことにしたんですが(もともと重なっていたヤツなんかいつもモノが挟まっていらいらしたんですが、隙間ができてすっきりv-218)、3本ブリッジが飴とともに外れてしまった去年はさすが歯医者に走りました。そしたら土台がダメなんで4本ブリッジにすると言われ、渋々承諾したはいいんですが、何かいまだに居心地悪し。だから歯医者は嫌いだっちゅうんじゃ。
それより、電話があったという好きなうた唄いのほうが気になりますなあ。

Re: は・は・はぁ

引きちぎりましたかっ。
光景が眼に浮かびます。
ホラーですねっっ。
いやあ、奥歯の片方が使えないので、噛むのが億劫になってます。
いやしい私ですら。

連絡があったのは、「ふう」で佐久間順平さんと演奏されていった、あの方です。
「春一番」の帰りのツアーですね。
多分、関東からの参加者の方は、そうやって帰還されるでしょうから、早い者勝ちの日程になるでしょう。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。