FC2ブログ

低空長時間滑空

先夜の第三土曜ライブの席で、西岡恭蔵さんの「月の祭り」が話題になりました。
大塚まさじさんの演奏、西岡さん本人の演奏、加川良さんの演奏、料理民宿のんび荘主人の演奏などを聴いたり話題にしたりしているうちに、月のきれいな頃になったら、出来る人は「月の祭り」を自分なりに唄う第三土曜をしよう、という話になりました。
シンガーを限定するオープンマイクは盛んですが、課題曲のあるオープンマイクというのも一興ですね。

その夜は、なんと「ふぉの」での3時間ちょっと、水割り2杯ですごしました。
1杯は粗相で半分こぼしてしまったので(大事に飲んでいたのに)、事実上1.5杯。
超低空を長時間滞空できました。えらいえらい。
二日酔いじゃない日曜の朝は、久しぶり。やればできるじゃん。


先日の「ギター原点…自分ギター履歴」の続きです。
だいたいの基礎を1977年度版「別冊ヤングフォーク 初心者のための〈YUMIN〉フォークギター教室」で身につけた私は、翌年の78年度版で、スリーフィンガーにメロディーを乗せる技に取り組みました。
本を人に譲ってしまったので、記憶曖昧ですが「フレイトトレイン」と「思い出の赤いヤッケ」だったと思います。
ここではたと止まってしまいました。
そこまでやって、次に進む道がわからない。
何を参考にしたらいいのだろう。
そこへ、年齢は一緒だけど事情でもって一浪した、西川工事(仮名)が入学してきます。
彼が進めてくれたのが、あの高田渡だったわけです。
「アイスクリーム」「値上げ」というような、素人が「ナニコレ?」と喜ぶ選曲で攻めてくれます。
「コーヒーブルース」に「自転車に乗って」…おお、軽快なスリーフィンガーっ。
ジャンルはわからないけど、ここが入り口で、先にはいろんな宝物が埋まっている気配。
というわけで、高田渡を入り口に、加川良、中川イサト、西岡たかし、有山じゅんじ…とはまっていきました。
彼らの音楽ルーツは、アメリカのフォークブルースにあるので、当然そちらに進みます。
途中、日本音楽界では画期的なギターインストアルバム、中川イサト師匠の「1310」も発売され、ますます深みにはまっていった次第です。
つづく
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月の祭り…

月の祭り…ええ歌です。
 あっちこっちで歌い倒してます。
 オーディエンスが言います。
 「良い歌詞だ」そう誰も唄が上手いって
 言ってくれません。(汗)
 でも良いんです!(キッパリ)
 なにか良い歌に出会えるとしわ寄せに
 なれます。

Re: 月の祭り…

いろんな人が、それぞれのスタイルで唄ってますね。
僕は良さんの歌い方と、料理民宿のおやじの朴訥な歌い方が好きです。
その人の人柄が引き出される歌なのでしょうか。

僕も滅多に歌は褒められません。
お呼びもかからないので、こちらから押しかけるようにしています、ほほほ。
よい歌のお裾分け。…う~ん、実は押し売り。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター