スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これだな、多分。

ゆうべのライブの模様を、ふぉのの「ライブレポート」ページへアップしました。
ふぉのライブレポート 11/7の様子

大リーグ松井が、シーズン当初から契約の更新はないとか不要論を打ち出すマスコミのプレッシャーと、あちこち故障して前線を退くことが多くなるという肉体的不安などを乗り越えて、あのワールドシリーズで優勝とMVPを勝ち取るという栄冠に輝いた姿は、きっとでこの大不況の中、自殺寸前まで翻弄されている多くの日本人に、絶大な勇気と感動をもたらしたと思います。
自分自身、ずいぶん昔、まだ人間の真価とか実力の読めない頃、うっかりと定職という浮き輪から手を離し、独力で泳ぎ出したとたんに波間に沈んだという、人生最低の時代がありました。
その頃、大きな力と勇気をくれたのが、大リーグ1年目で大活躍したトルネードの野茂でありました。
おっちゃんも結構単純です。

さてさて、翻って今の自分と、夕べのライブ宴会を思っています。
「戦うおやじの応援団」というのは、自分たちが楽しむのはもちろんですが、あくまでも「応援団」なので、萎えそうな人たちの励みになるのが目標であります。
昨日までは漠然と「自分たちが元気に遊んでいる姿が、人を元気にするはず」と思っていましたが、あの松井の姿、夕べお店にいたすべてのおっさんおばはんの笑顔、それらを思ったときに、その目標が明確に気持ちにしみこんだような気がしました。
なるほど、このことか、と。
なかなか微妙なところもあるのですが、たとえば単純に選曲についてです。
基本的に歌う曲なんてのは自由なのですが、やはり、聞き手が楽しめるように選ばなければいかんなと。
こだわりたいジャンル、ミュージシャンがいても、受けなければだめなんです。
媚びる、と言うのとはちょっと違う。
自身も楽しめて、聴く人も楽しいという。
なので、各地のフォークジャンボリー的イベントには、「選曲はなるべくみんなの知っている曲で、オリジナルは1曲以内」という縛りがかかります。
それはだから、より多くの人が楽しむための必要な演出ですね。
ここで光るのが、選曲のセンスです。
そうきたかっ、とおっちゃんたちをうならせ、拍手させる曲選びです。
どうやったら受けるかな、これです。
それを考えたり工夫するだけでも楽しい。
しかも当たれば、みんな楽しく喜んでくれるし。
これがまた快感ですね。

というわけで、いままでもそんな風にやってはいたのですが、これからはますます意識的にやっていきたいと思っている次第であります。

さあさあ、夕べの勧誘パンフ配りに、何人反応してくれましょうや。
火曜の晩は今年最後の車中泊で(確定じゃないけど)、松本まで勧誘ライブに行っ来る予定です。
あの大規模都市だったら、20~30人は堅い、かな? ←皮算用。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさにそこです!

選曲・・・・いつもセットリストを考えるとき、そのライブ会場のお客様のことを考えます。

同年代が多いとき、若い人もいるらしい時、お年寄りがメインの時・・・・

一度は耳にして、
「あ、あの曲だ!」と思ってもらえるように考えます。自分たちが愉しいだけじゃ自己満足だと思うからです。お客さまは大切な時間を使って聞きに来てくれる訳ですから、一緒に楽しめることはとても大切。
決して媚びを売ることではないと思います。

そして、お客さまの期待を小気味よく裏切って「あ~~やられた~~」っていう笑顔を見ることも楽しみの一つです。
良い意味の裏をかく選曲は一歩間違えば外す訳ですから、気を遣いますね。
ライブは一方向から(ステージ側)から発するものだけでは成立しないのだと肌身に感じます。
お客さまからの大きなエネルギーを感じ、お互いに交流が成立したときは何とも言えない楽しさが会場に溢れます。
その時は最高ですね~~~!

Re: まさにそこです!

おお、重鎮にそうおっしゃっていただけるとうれしい。
もしも自分が客席にいたらと想定したときに、思わず手を打ちたくなる、あるいは笑顔になれるような選曲ですよね。
その曲を聴き、一緒に歌ったり手拍子することでいい気分になり、少しは明るい思考が出来るようにしてあげること。
ほかの音楽道楽をしている人はともかく、「~オヤジの応援団」に籍を置いて、その名の下に道楽をするときには、絶対に外してはならない方向だと思いますです、はい(←一応、新入りとしての遠慮を含んだ意見です)。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。