FC2ブログ

季節の足取りは、思った以上に早かった。

いつもいつも、家族をほったらかして、自分一人だけ道楽にいそしんでいるおとっつぁんとしては、たまには家族を引き連れ、どこかハイキングでも。
というわけで、今日は下伊那郡売木村にある、「アテビ平小鳥の森」へ散策へ行ってきました。

アテビ平小鳥の森はここ

飯田からは、およそ1時間のドライブです。
先週、足助の帰りの紅葉の具合を見て、今日辺りが見頃かと見当付けたのですが、季節は早足ですねっ。
すでに落ち葉でした。残念っっ。

IMGP0646.jpg

森は、笹や針葉樹の緑が目立って、足下はすでに枯れ葉色でした。
しかし、厚くつもった落ち葉を踏みながらの散策は、本当に気持ちがいい。
もう少し早ければ、キノコのような湿った匂いが充ち満ちていたはずですが、乾いた香ばしい枯れ葉の香りばかりでした。

IMGP0665.jpg

上ったり下ったりの約1時間です。
なかなか勾配のあるところもありましたから、距離や時間以上に疲れます。
ま、疲れといっても心地よい範囲ですが。

IMGP0666.jpg
IMGP0667.jpg

わずかに残った紅葉。
寒気団の進入で、外気温は3度から4度。
もう少し里に下りて4度から5度でした。
里の方は、まだ鑑賞に堪えられる紅葉ですが、先週見事だった治部坂の手前、平谷側はすっかり枯れ落ちていました。

IMGP0672.jpg

矢印のコースでした。
といっても、マップとかがあるわけではなく、気ままに歩いたところを最後に照合したところ、このコースであったと判明しました。

我が家の春秋恒例行事です。


NPO「アコースティックギターローカルネットワーク」(戦うオヤジの応援団)に、「ふぉの」フォーク酒場常連、宮田村のPOCHIくんが参加してくれました。
私が勧誘した中の最初の参加者です。
拍手っっ、ありがたし。
南信で10人くらいは勧誘したいけど、そんなにはあてがありません。
音楽している人はいるのですが、インターネット環境に親しい人となると、50代以降、意外に少ないのです。
さて、どうしたものかと腕組み。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター