スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「坂の上の雲」とはスケールも違いましょうが…

「特定非営利活動法人(NPO) アコースティックギターローカルネットワーク」
が正式名称でした。
通称が「戦うオヤジの応援団」であります。

アコースティックギターローカルネットワーク

このほど、正式会員として認証していただきました。
活動内容としては、交流イベントの開催やプロミュージシャンのライブ企画が主なので、今まで個人で楽しんできたことと同じです。
その交流範囲を広げ、よりスケールの大きな「道楽」にしようとするとき、この組織が役に立ちます。
そうです、道楽。
活動趣旨には、そうした文章の性格として意義とか大上段の文に仕立ててはありますが、事務局の山下さんがコメントをくれたように、それは作文の範囲だけのこと。その裏の心とか意気のようなものは、会員であるおっさんたちが汲み取ればいいのです。
拙の場合、おっさんが生き生きと楽しんでいる国は大丈夫と、そういうふうに理解してます。
だからわれわれは、率先して遊ぶのだ、と。
活発に活動されている会員の方のblogからRSSを引っ張ってきて、毎日チェックしています。
たとえば巨大イベントとして大成功した新潟フォークジャンボリーのスタッフと、同様に歴史のある浜名湖フォークジャンボリーの方とは交流があり、7時間にも及ぶ移動をいとわず、お互いに参加しあっているのです。
このスケールっっ。
憧れます。
全国どこにでも「同志」がいて、すぐに同じ趣味の会話が出来、そしてすぐにライブになると言う楽しさ。
いいでしょうっ。
♪51才になったら(11月15日です)、51才になったら
友達100人出来るかな? ♪

100人友達が出来たら、プロを呼んでもすぐにペイできますね。

で、入会して半月もたっていませんが、やはり田舎にあっては中央の活況を指をくわえて眺めている状態です。
しかし、ただ眺めてるだけじゃおっさん友達100人は出来ない。
事情が許せば近隣へ遠征もしますが、やはり地元でおっさんを結集してみよう、そうしようと、ただいま仕事もそっちのけで思案しています(こらこら[by特選街編集部])。
いやあ、日々生きるに際して、こうした「張り」は必要ですね。
人はパンのみにて生きるにあらず、とはこういうことですか?
規模は雲泥の差ですが、これも拙にとっては「坂の上の雲」を見上げて歩いているような感じですよ。

今夜は松尾町1の「いろは亭」で、岡崎倫典氏かぶりつき。
午後6時半開場、7時開演か…。あまり前打ち上げする時間がないなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「道楽」と「仕事」

そう、戦うオヤジの応援団は何と言おうと「道楽」なんです。
事務局の作業は、実質的には「仕事」と言えるだけの煩雑さが
あるのですが、仕事と違って個人的に何の収入にもなりませんので、
やはり、ここは「道楽」だと割り切っていないと、アホらしくて
やってられません(笑)。

真剣に「道楽」にうつつ(現)を抜かす!
もしかすると、これはものすごく贅沢なことなのかも知れません。

楽しまなくちゃ損です

確かに大いなる道楽ですね。
本気になってやる楽しみごとが持てるって幸せなことです。

NIIGATAフォークジャンボリーは開催当日までは、プレコンサートで県内外を回りながら事務局の作業も同時進行です。
山下さんのおっしゃる通り、何の収入にもならないし持ち出しもありだったり?(笑)
でも誰に頼まれたのでもなく、自分たちがやりたいと思ってやっていることなので、とにかく楽しいのです!

どんなライブでもコンサートでも、最後にみんなの笑顔を見ると、すべてOK!
この笑顔が見たくて、そして自分も笑顔でいたくてやっているのだと思います。

こんばんわ~

こんばんわ!
 わっしのブログにカキコメありがとうございました。
 リンクを貼らせていただきます。
 飯田市にお住いなんですね?
 2年前に天龍村の坂部の廃校の体育館で
 「秋のコンサート」というイベントがあって
 前泊で友人数名で唄いに行きました。
 谷に挟まれたような村で暖かい人ばかりで楽しい
 思い出です。

Re: 「道楽」と「仕事」

その山下さんの志に感じて、躊躇なく正会員申請させていただきました。
すごい労力だと承知しています。
頭が下がります。

仕事だけでも道楽だけでも生きてはいけません。
この道楽は、おっしゃるとおり中でも格別に贅沢だと思います。
仕事も道楽も贅沢させてもらっているんだと、気持ちが張ってきます。
おかげさまであります。

こちらで間に合うことはお手伝いしますので、ご相談ください。

Re: 楽しまなくちゃ損です

本気の大人遊びっ。
若い人がうらやむような。
この世代じゃないと出来ないのじゃないでしょうか。
おそらく、大半の「同志」は人生を折り返した、来た道よりも行く先の方が短い人ばかりでしょう。
年を食ったらのんびり、悠々自適なんて言ってても月日の歩調は緩んでくれませんね。
私らはどん欲に、急いで、出し惜しみすることなく楽しむべきでありますねぇ。
…と、まだ子どもから目の離せない奥さんを横目で見ながら。

Re: こんばんわ~

いらっしゃいませ~。
こちらもリンクを張らせていただきました。
28号さんのような「高田渡同志」は貴重なんです。
地方にいて、なかなか直接音楽交流できないので、機会をうかがって「これは」と云う方のブログに書き込んだりして。一方的に知り合いになろうとしています。
よろしくお願いいたします。

南信濃、天龍村といった山間村、今が紅葉の見頃ですね。
福井の名田庄村のように、いつか廃校を利用した交流合宿なんていいですねっ。

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州辺境在住のシンガーソングイラストレーターであります。
イラストレーターはプロですが、シンガーソングは趣味です。

イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
お仕事はこちらから。
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/


音楽は、アコースティックギター・ミュージックなら何でも好きですが、特にラグタイム&カントリーブルースがお気に入り。
ギターの師匠は中川イサトさんですっ。
Ry Cooder、Bruce Cockburn、高田渡と武蔵野周辺、有山じゅんじの浪速周辺といったあたりが大好物です。
音楽指針は「ライブは宴会,歌は酒の肴だ!」。
いつも楽しく前向きな音を出しています。

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。
片道2時間ぐらいでしたら、ほいほい出かけて演奏してます。

動物はあまねく好きですが、特に猫とカエルと蜘蛛が好きです。
乗り物はプロペラヒコーキがお気に入り。複葉機から単葉機への過渡期とか、いいですねっ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。