FC2ブログ

練習次第ではない、断固。

場数を踏んでしっかり練習を重ねれば、人前でキンチョウもなく、さしたるミスタッチもなく、誰でもギター演奏できるようになるのか?
30年以上の経験から、それは「否」ですね。
「是」と答える人は、きっとそのように演奏できる経験からの確答だと思いますが、こちらもいつまでたっても「うまく演奏できない」という経験からの確答です。
つまり、ギター曲がただ演奏できると言うことと、「人前で」演奏できると言うことはまったく違うことであって、それは練習云々ではなく、神経の問題ではなかろうかと思うのです。
集中力があって堅牢な神経の人は、多少緊張してもミス無く演奏できます。
デリケートで(あえて「繊細」という)、いろいろに気が散ってしまう人は、人の倍以上練習を重ね、部屋では完璧に弾けても、一人でも聴衆がいるとペースが狂ってしまいます。
これはもう確信します。
なので、とにかく練習するだけ、ミスをするのは努力が足りない、という意見には賛同できませんね、ふんっ。

先日の治部坂でも、まったく緊張している自覚がないのに指が動かなくて愕然としました。
次のコードフォームがアタマから出て来ない。
しまいに胃が痛くなる。
あきらかに上がっている反応なのに、精神は緊張していないのです。
場数をやたらに踏むと、こうなってしまうのでしょうか?
今までにない経験でありました。

昨夜は、1時間のドライブで、駒ヶ根インター上の「Country・cafe」の「フォークソングナイト」へ行ってきました。
飯島「ディラン」の「オムニバスライブ」主宰は同じHIKONEさんです。
さすがに連休直後と言うことで、聴く人も演奏者も少なく、しかも約1名は前夜飲み過ぎのため、約1名は日にちを忘れてすでに酩酊と言うことで欠席でありました。
おいおい。
私も、小学校のイラストクラブ指導からの帰宅直後から体調怪しく、風邪の引きはじめと低血糖と併せたような嫌な具合で、早々に引き上げたい気分でした。
なので、静かな当夜の雰囲気は逆にありがたかったのです。
というわけで、演奏者3人、1時間足らずのライブでした。
しかし、マスターとはすっかり音楽趣味で投合しました。
カントリーとは言っても幅広い定義で、カントリー・フォークからブルース、ラグタイムまで、ゆっくり時間があればお話しできたところです。
次回はきっと車中泊で、大平Pochiくんとも焼酎つきあいますよ。

店内
Pochi
Hikone
おっちゃん
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター