FC2ブログ

ライブ報告…5/25伊那

P1030040.jpg

先週の金曜日、伊那市では「第9回伊那街道12蔵初夏の呑み歩き」というイベントがありました。
その喧噪の一部になるべと、ジャズカフェ「KANOYA」のマスターと、ヤマダモリトさんの野郎が、軒下ライブを企画して誘ってくれました。
そこで、往路2時間、ウイスキーの水割り缶2本を舐めつつ、吉村昭「大黒屋光太夫」を読みながら電車に揺られていって参りました。

前日は夏のような陽射し、しかし当日は冷たい雨と風。
なんて寒いんだ!!
手がかじかむほどでありました。
伊那市の標高は640mくらい。飯田は450mくらいなので高度差200m。
それも関係しているかも知れません。

P1030045.jpg

現場はこんな感じの建物。
「いなっせ」といいます。
実は一昨年も大道芸フェスティバルに呼ばれ(なんでわしが大道芸やねん)、演奏させてもらったのですが、この日と同じ暴風雨!
このひさしの下で演奏したのでした。

ゆっくり飲む歩きたい自分は、「一番!」と手を挙げ、特別MCも入れずさっさと演奏したのでした。
と、ところが、なんでかな?
突然の頭痛! 痛ーのなんの。
なんだ、どっか切れたかな? と心配したほど。
どうやら肩と首の凝りから来ているらしいのです。
電車読書が悪かったかなと思ったのですが、今日調べてみたら、どうやら「緊張型頭痛」というヤツらしいのです。
肩と首の凝りが特徴で、原因はさまざま。
日本人の2〜3割がこの持病を盛っていて、長いと1ヶ月くらい続くとか。
とにかく緊張すると痛くなります。
土曜の「ディラン」の演奏でも痛くなったし、家で「ギターを弾こう」企画の録画をしても痛くなります。
とりあえず、明日鍼に行って参ります。くそー。

その痛みを引きずっての30分演奏は
・エノケンのダイナ(佐久間順平)
・黄昏ビアホール(AZUMI)
・酒心(高田渡)
・あこがれの北新地(上田正樹&有山じゅんじ)
・泳げたいやきくん(子門真人)
・小さな瞳(ロッテCM)
・上を向いて歩こう(坂本九)
・なつかしの道頓堀(上田正樹&有山じゅんじ)
でありました。

伊那は、聴く人の反応がいいんですよ。
高校生が多くてよかった。
選曲はちとオヤジでしたが。
P1030050.jpg

さあさあ、呑み歩き。
といってもなじみの蔵ばかりなので、酔うために歩いたようなもの。

P1030063.jpg

こんなふうにあちこちで盛り上がっています。

P1030095.jpg


P1030097.jpg

軒下では、春日くん、松下さん、ヤマダ師匠と演奏が続いています。

P1030105.jpg


片付けのあと、ラーメン屋で一杯。
電車は9時20分ころなので、そのまま駅に引き上げました。

P1030108.jpg


終電の一本前。ガラガラでありました。

スポンサーサイト



プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター