FC2ブログ

斜陽テレビ業界、貧すれば鈍す。

小学生の親としては、看過できない馬鹿コマーシャルに出会ってしまった。
流行だけど大嫌いな、コントラストも明度も落とした、まるで今頃の夜明けのような画質の教室の映像。
しかも逆光。
先生が
「明日から3日間休みます」
という。
動揺した学童が
「どうしてですか?」
と聞く。
すると先生の心の中のナレーションで
「この日を3年間待っていた」
と、入る。
何だと思ったら、「ファイナルファンタジー発売」のCMだそうだ。
生徒をほっぽり出して、3日間引きこもってゲームに埋没する喜びに震えている。
洒落にもならない設定だ。
なにしろリアルだ。

CMを作る人たちといったら、時代の尖端にいて頭もいい人かと思ったら、意外と想像力が薄弱だ。
ある婦人向け整髪料の宣伝で、ハリウッド女優が産業スパイに扮して、美しい髪にする新成分を盗み出して製品化した、というようなストリーリーのCMがちょっと前に流れていた。
一見して、「この企業は盗品技術を売り物にしているのか」とツッコミが出来る。
案の定、たちまち盗みの部分がカットされ流されるようになった。

電通が都から請け負った五輪招致映画の制作費が、やらずぼったくり10分間で5億だそうだ。都民は明細を示させて、酷税の使い道を検証さた方がいい。
とにかく、邦画一本…100~120分の平均予算が、だいたい2.5億だから、癒着なのだかたかりなのだか、あまりと言えばあまりだ。
マスコミも広告代理店はお客様なので、追求の矛先が鈍い。
ここは、市民オンブズマンの活躍を期待したいところだ。



おお、いよいよ寒波襲来。
今日もどんどん気温が下がっています。
この南信州でも明日以降連日の氷点下と降雪の予報です。
ところが、新潟で最もアクティブな二人組、Kazmin'.comさんのブログを読んでいましたらば、驚かされましたねー。
あちらでは、なんとなんと師走でも野外ライブを決行していますっっ。
Kazmin'.com is Coming to Town!
びつくり。
しかもコメントに答えておっしゃるには、極寒の2月にもやったことがあるとか。
鉄弦が指に吸い付き、ポケット懐炉は必携だとか。
それゃそうでしょ。
となると、すぐお隣が温暖な静岡というような南信の音楽民、ちょっと軟弱ですね。
誰か、野外やってみる?
いやーー、おでは下半身冷え性で、一端冷えると神経痛関係中心にいろいろ発症しちゃうから、パスだなー。
若い方、頑張るように。



年内、音楽遊び予定は以下の通り。
・19日 ふぉの・第三土曜ライブ
・20日 西新宿ハーモニックホール・加川良 with すぎの暢
・22日 CANVAS・打田十紀夫 with 前澤勝典
・26日 ディラン・オムニバスライブ
・28日 ふぉの・噛年会
・30日 もしかすると、カラオケ望念会
もう少しおつきあいください。
スポンサーサイト



ヘンタイ申告

私はおしりフェチである。
でかい胸になんか、全然興味がない。
なんか、その趣味は年とともに昂進しているような気がする。
若い頃より「好き」かもしれない。

もちろん、おしりなら何でもありではない。
ビキニのおしりや、裸ネイキッドのおしりはそれほどでもない。
やはりジーパンがベストだ。

若い頃のゴールディ・ホーンあたりの「逆ハート型」のヒップは、美しい。
また、最近の白いパンツもいい。

夕べは、「崖の上のポニョ」を、今更ながらDVD鑑賞したのだが、「あれはアニメ」とわかっていながら、「あれはジブリのおっちゃんらが描いたもの」と承知していながら、お母さんの白いパンツのおしりに目がいく自分に、ちょっとあきれた。
ヘンタイ領域に足を踏み入れたかな。
久保田店長とジャンルは違うけど、同族意識を密にする。
しかし、それは彼同様、全然恥ずかしくもない。
むしろ、堂々と「おしりフェチ」を宣言して、周知させたい。
人畜無害のヘンタイとして認知してもらえれば、ちらちらと盗み見て後ろ暗さを感じることもなくなるかもしれない。
減るもんじゃないし。触りたいわけでもないし。

逆に、ナカヤマが目尻を下げるおしりは、「かっこいいおしり」のお墨付きをもらったようなものなのだ。
お尻を眺めながら己が目の尻を下げる…はは。

あ、ちなみにうちの奥さんは、
「男はでかい尻がいい」といって、私のおしりを愛でてくれます。
いや、おしりはいい。

征服の野望

というわけで、mixiだ。
持ち物で入場制限というのは絶対おかしい。
こんなSNSはつぶれてしまえ。
ほかにもSNSはたくさんあるんだ。
たとえばタウンズマックス
イエイッ。
超ローカルSNSですが、よろしければどなたでもご招待しますよ。静かだし。

おかしいといえば、OSで利用者制限する税務署もNHKもまったくグローバル化していない。
e-TaxとかNHKアーカイブスの有料視聴とかね。
どっちもWinユーザー限定なのだ。
ま、使えなきゃ使えないで、そんなものに煩わされないのでそれでいいのだ。

タウンズマックスもいいのですが、私に最適かな、といった感じではまっているのが、あのオバマさんも参加しているというつぶやきSNS…なのかな? 閉鎖していないし、誰かの招待とかもいらないから、ちがうな。
140字以内の公開掲示板のようなものです。
Twitter
「フォロー」といって、気に入った人のつぶやきをマークして追跡したり、逆に誰かにフォローされたり。
お互いにフォローし合えば、チャットのような会話も成立します。
何より手軽で、私のようにいつもパソコンの前にいて、ほんでもってこの日記のタイトルのように、金魚があぶくを吐くようにちょっとずつあれこれ思い浮かべて書き込みたいような人には、うってつけです。

なので、以後はこのTwitterユーザーとタウンズマックスユーザーを増やして、mixiを壊滅させるのだ、ふふふふ。
セットさん、そうすると広告収入で食えますよっっ。
プロフィール

中山(界屋)昭

Author:中山(界屋)昭
南信州在住のシンガーソングイラストレーターで。
シンガーソングは趣味、イラストは稼業です。

■イラストは[届く、伝わる、よくわかる]がモットー。
明るくて清潔で、はっきりとしたタッチが好きです。
日清カップヌードル「謎肉祭」シリーズのパッケージイラストを担当しています。

日本イラストレーション協会 JILLA会員 No:50
http://www6.plala.or.jp/sakaiya/

■音楽はソロ、アコースティックギターのフィンガーピッキングで歌います。
ブルースから昭和歌謡まで、オリジナル、カバー半々くらいの配分です。

2016年 福島「The Reverse Band Festival」3位入賞
2017年NHK-FM「熱血! 夏のフォークおやじバトル」ソロ部門優勝
2018年 飯田市「The FINAL」審査員特別賞

NPO「アコースティックギターローカルネットワーク(戦うオヤジの応援団)」正会員。

お声掛けいただければ、どこへでも演奏にお伺いします。
どのような趣向でも、たいがい対応できます。
アマチュアですので、ギャラは基本的に無用ですが、遠方の場合は交通費などご配慮ください。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター